2018・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2018/06/10 (Sun) macaroni

食と暮らしのライフスタイルメディアmacaroniでインタビューを受けました。
器に恋して。vol.1

macaroni.jpg

下積み経験もなく、美濃焼に対してもさほど思い入れの無い私ですから、この仕事を選んだ「動機」が弱く、むしろ3年ほど勤めた製陶所を出てから、今なお現在進行形でしなくてもいい苦労ばかりしている気がします。

淡黄や翡翠が出来たときは、それまでの渋好みへのこだわりを捨ててもっと色々な色の釉薬に挑戦しようと決めました。
その後すみれ、紫と作り、一方駆け出しの頃から手掛けていた粉引や鉄赤、飴󠄀釉の調合を見直し、少しずつ釉薬のバリエーションが増えていく中で、ようやくこれこそ俺がしたい仕事だったんだと思えるようになってきました。ライターの方には私のとりとめのない話をうまく記事にまとめていただいて本当に感謝しています。

作家のリレー方式で進むこの連載企画は平岡仁さんにバトンタッチ。
平岡さんは私とは違って下積み経験も長く、薪窯の仕事への思いも並々ならぬものがあります。どんなエピソードが綴られるか今から楽しみです。

掲載誌・メディア | comment(0) |


2018/06/09 (Sat) Casa BRUTUS

CasaBRUTUS220.jpg


発売中のCasa BRUTUS「行列のできるうつわ作家」に翡翠5寸リム皿とすみれ輪花豆皿を掲載していただきました。
翡翠5寸リム皿は暮らすうつわ とうもんさんで扱っていただいています。

翡翠もすみれも比較的最近出来た釉薬です。
伝統的な色釉ではなく、独自の調合で、それでいて器としてしっくりくるような「綺麗すぎない」色合いであること。
これからも私の考えるイロイロな色の釉薬に挑戦し続けていきたいです。

掲載誌・メディア | comment(0) |


2018/05/25 (Fri) THE STABLES 個展

個展のお知らせです。

個展2018 2

7月13日(金)~23日(月) 火曜日休み 11:00-18:00
THE STABLES
青森県弘前市代官町14-2
t/0172-33-9225
初日在廊します。

13日14日15日の三日間のご来店は事前抽選となりました。
往復葉書にて、6月4日(月)までに着くようぜひご応募ください。
詳しい内容はこちらです。
募集要項

最近また力を入れている飴󠄀釉。
流動性の大きい釉薬なので形状に制約があり苦労も多いですが、イメージしたフォルムと施したしのぎ、釉薬の溜まりがマッチすると我ながら美しいなと思います。

個展2018 3

DMにしていただいたピッチャーやカフェオレボウル、デミタスカップなど色々制作中です。
翡翠、ブロンズ、すみれなど、定番の器から展示会ならではの作品までこの機会にどうかご覧ください。

おしらせ | comment(0) |


2018/04/13 (Fri) 小器藝廊 xiaoqi+g

台北での3人展のお知らせです。

台北2018

4月21日~5月9日 12:00-20:00
小器藝廊 xiaoqi+g
大同區赤峰街17巷4號 台北市
初日の開店時間の頃、石川裕信さん、額賀円也さんとともに伺います。

私は翡翠のリム皿、ブロンズしのぎ皿、すみれのカップ、
新色の紫を含む5色の輪花豆皿など200点余りを出品します。
石川さんの茶器や額賀さんの三島も見応えがあるでしょうね。

台北2018 2 台北2018 3

お二人の器は我が家でも日々出番が多いのです。

おしらせ | comment(0) |


2018/04/02 (Mon) おいしい器の使い方

おいしい器の使い方

「おいしい器の使い方~料理上手16人のおうちごはんとふだんの食卓~」(KADOKAWA刊)で6ページに渡って私の仕事を紹介していただきました。
石川裕信さん、沖澤康平さん、額賀円也さん、平岡仁さん他、親しくしている作家仲間も多数登場します。

インスタグラムには日々の暮らしの為になるヒントがたくさん。
一口に器といっても好みや料理の盛り付け方、撮影のこだわりに至るまで人によって本当に様々で、ただ眺めているだけで楽しいものです。
素敵な写真の数々にあるその背景をこの一冊で知っていただけたら。
私も飲んでばかりの毎日を改めようと思いました(思っただけ)。

掲載誌・メディア | comment(0) |


2018/03/23 (Fri) 紫

紫 紫2

StyleHugGalleryさんでの個展はいよいよ明日から。
新色の紫(ゆかり)の輪花豆皿を初めてお披露目いたします
(数に限りがある為、お求めはお一人様1枚でお願いします)。

すみれ・飴󠄀釉の器同様、これからも各地展示会にてご覧ください。

仕事 | comment(2) |


2018/02/18 (Sun) Style Hug Gallery 個展

今年最初の個展です。

個展2018

3月24日(土)~27日(火) 11:00-18:00(最終日17:00)
Style Hug Gallery
渋谷区千駄ヶ谷3-59-8原宿第2コーポ208
t/03-3401-7527
初日二日目在廊いたします

DMは春らしく爽やかに撮っていただきました。
今回数年ぶりに飴󠄀釉のマグカップも作ります。
粉引も、ブロンズも、翡翠も、すみれも、今や目新しさを感じる物ではないかもしれませんが、それぞれの色はより鮮やかに、形は確かに、しのぎは力強くシャープに出来ているかと。
初めて私の器を手にされる方にとっても楽しくお選びいただけるよう、なるべくたくさんの数をご用意できるよう努めています。

初日と二日目は往復はがきでのお申し込みによる抽選制となりました
(三日目以降は自由にご来店できます)。
期間が限られていますので、ご応募の流れを必ずお読みください。

おしらせ | comment(1) |


2017/09/28 (Thu) ラ・ロンダジル 個展

個展のお知らせです。

個展2017 7

10月24日(火)~28日(土) 12::00-19:00 最終日17:00まで
La Ronde d'Argile (ラ・ロンダジル)
東京都新宿区若宮町11 麻耶ビル1F
t/ 03-3260-6801
初日と二日目在廊します
初日のご来店については事前抽選制となりました。
お申し込み期間 10月1日12:00~7日18:00
詳細はExhibition&eventから。

ロンダさんで3年ぶりの個展です。
まずは9年前の冬に最初の店舗で(広い空間にすかすかな展示でした)、
移転された店舗の2階での展示では初めて淡黄の器を並べていただき、
前回は1階の「和」な雰囲気の中で黒飴と翡翠を中心にした展示でした。

その後また現在地に移転され、ついに4回目の個展が叶いました。
憧れだったロンダさんでの個展に当っては毎回気負うものがありましたが、
今回は不思議とリラックスして臨むことができそうです。
おかげさまで定番品となった粉引、ブロンズしのぎ、翡翠はたっぷりと、
DMにしていただいたすみれ色の新作もこの機会にどうかご覧ください。

個展2017 8

すみれの7寸リム皿に、評判のお店HUGELの黄金桃のタルトを載せました。

おしらせ | comment(0) |


2017/09/16 (Sat) あったら、いいうつわ

今年10周年を迎えられたStyle-Hug galleryさん。
これまで関わってきた40人以上の作家達を紹介する一冊として
「あったら、いいうつわ」(光文社刊)が発売されました。

あったら、いいうつわ

私はスタイルハグさんご提案によるオリジナル花器を。
フラワースタイリストの平井かずみさんによるアレンジも素敵です。

また書籍出版記念イベントとして本日16~18日に販売会が開催されます。
初日と二日目についてはお願い事がありますので、
詳しくはスタイルハグさんのブログをご覧ください。

掲載誌・メディア | comment(0) |


2017/06/06 (Tue) ヒメミズキ 個展

個展のお知らせです。

個展2017 4

6月10日(土)~14日(水) 11:00-18:00 会期中無休
ヒメミズキ
新潟市中央区古町通2番町528
t/025-201-9252
初日の10日は在廊します。
10日と11日は事前抽選の結果、一杯になりました。
たくさんのご応募ありがとうございました。
12日以降はご来店順にご案内できる予定ですが、
詳しい在庫状況等はヒメミズキさんのHPをご確認ください。

個展2017 5 個展2017 6

今回、久しぶりに鉄赤の器も作りました。
すみれも綺麗です。
もちろん定番の粉引、ブロンズ、翡翠もたくさん。
ヒメミズキさんの3周年を私の「色々」な器で彩ります。

おしらせ | comment(2) |


2017/05/31 (Wed) 村上レンチン食堂の「15分で2品」定食・和えるからおいしいおかず

村上レンチン食堂の「15分で2品」定食 (村上祥子さん著・講談社)
和えるからおいしいおかず (堤人美さん著・学研プラス)

村上レンチン食堂の「15分で2品」定食 和えるからおいしいおかず

翡翠の深皿を表紙で使っていただきました。
暑くなってきたこの時期、どちらもサッと出来る手軽さが嬉しいですね。

掲載誌・メディア | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2018

個展2017 7

個展2017 4

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09