2017・03
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/07/26 (Fri) ルバーブジャムの会

たまに「最近はあまりジャムは作らないの」と訊かれるけれど、そんなことはない。
週に一度は作っている。
特にこの時季は一年に一度のお楽しみ、ルバーブのジャム。
今年も信州・富士見高原より真っ赤なルバーブを取り寄せた。

昨日は、ジャムの魅力をもっと知ってもらいたいという私の呼びかけに
甘党の仲間たちが続々と創舎呱々に集まったのである。

ルバーブジャムの会 ルバーブジャムの会2 ルバーブジャムの会3

優しいパパぶりを発揮していた額賀円也君。
今回、子供達も頑張ってお手伝いをしてくれた。
堅いルバーブを2,3センチくらいに切り、グラニュー糖とレモンをまぶす。
揺すったりよくかき回しているうちにじんわりと照りが出てくる。

ルバーブジャムの会4  ルバーブジャムの会5 ルバーブジャムの会6

火にかけるとルバーブはあっという間に蕩けてしまう。
「こんなに早く出来ちゃうの」という声。絶えずヘラを動かす。
出来立ての熱々をパンにのせて早速味見。

ルバーブジャムの会7 (481x640) ルバーブジャムの会8 ルバーブジャムの会9 (481x640)

カンパーニュ、ベーグル、スコーン、サラダなどを並べて。
みんな勝手に食べ始めるからほとんど写真を撮れなかった。
食べきれなかった分は、各々持参してきた瓶に詰めてお土産に。
甘酸っぱいルバーブのジャムは、夏に相応しい爽やかさ。
汗を拭き拭き、楽しいランチ会となった。

「小澤さん、なんでそんなにジャムを作るようになったんですか」
その質問にはいつもうまく答えられない。
今の仕事と同じで、何となく続けているうちに好きになってきたというか。
たまにはこうして集まって出来たてをみんなで食べるのも悪くないと思う。
第二回、三回と続けていこうじゃないかと約束して、夕方には解散。
帰宅すると、個人的に取っておいたルバーブで再びジャムを作る私であった。

スポンサーサイト

ジャム | comment(0) |


2013/05/21 (Tue) 完熟トマトのジャム

この時季になると毎年作るのがトマトのジャム。
ミニトマトのジャム
トマトジャムを使って
今年はいただきものの美味しいトマトのおかげで特にたくさん出来た。

トマトジャム

・大玉トマト(完熟)2kg
・グラニュー糖600g
・レモン汁200cc
・岩塩10g

これらを根気よく煮詰めていくだけ。
また、料理への活用範囲が広いのもトマトジャムのいいところだ。

トマトジャム2

【チキンのグリル トマトチリジャムを添えて】
1.塩胡椒した鶏肉をオーブンまたはグリルでこんがり焼く
2.トマトジャムとタバスコを混ぜてソースを作る(4:1くらい)
3.バジルなどあしらって翡翠釉7寸深皿に盛り付ける

最初は甘くて後から辛味が追いかけてくる、スイートチリのようなソース。
鶏肉の他、鰯や鯖など少しクセのある魚にも合うのでは。

スイートチリって、意外とストックが無いでしょう。
「冷蔵庫になかったっけ?」
「蓋がカピカピになってたから捨てちゃったわよ」
そんな場面が目に浮かぶようである。

スイートチリが無いときはトマトジャムで代用したら良いのだ。
翡翠釉7寸深皿はクラフトフェアまつもとで手に入るし。

ジャム | comment(0) |


2013/01/11 (Fri) 文旦マーマレード

文旦マーマレード 瓶詰めはハラペーニョオイル(激辛)

高松のとうもんさんに分けていただいた文旦をマーマレードに。
文旦とはザボンのこと。ボンタンアメのボンタンである。
とうもんさんは「ジャムの中でいちばん好き」とのことだが私は初めて。

文旦マーマレード2 文旦マーマレード3

皮をりんごのようにぐるりと剥いて、気になる白いワタは匙などでこそぐ。
細かく刻んで水から煮て、茹でこぼす。これを3回くり返す。
苦味を取るためなので、この手間は決して省いてはならない。

皮だけでもおいしく出来ると聞いたけれど、果肉もこっそり入れた私。
文旦3個分の皮に果肉を1個分、40%ほどのグラニュー糖、レモン少々。
グラニュー糖がじわっと溶けたら火にかけ、とろりとしたら完成。
黄金色で綺麗。

文旦マーマレード4 文旦マーマレード5

出来たてをぺろっと舐めたら、甘い。そしてほろ苦い。
たまらずまた舐めるとやはり甘く、そしてやはりほろ苦い。
甘いだけでも苦いだけでもここまでおいしくないと思うのだ。
文旦の香りも爽やかで、数ある柑橘類の中でも格別ではなかろうか。
これから毎朝、薄切りのパンにぽってりと載せて食べる愉しみ。

ジャム | comment(2) |


2012/10/01 (Mon) ドラゴンフルーツジャム

ドラゴンフルーツって何となく知ってはいるけれど食べたことはない、
または見たことも聞いたこともない、そういう人がほとんどだと思う。
「美容のためによく食べる」 「お取り寄せの定番」 そんな人は稀で、
「分け隔てがない」「柔軟性がある」「最新の流行に敏感」など、
職場でもきっと一目置かれる存在ではないだろうか。
育ちの良さを指摘する人もいるかもしれない。

では私のように「あれはジャムにしてもいいよね」などと言ったらどうか。
周囲はしんと押し黙り、「急に何を言い出すか分からないやつ」 「KY」
陰口を叩かれる上、その後も永遠に正しい評価はしてもらえない。
本当においしいのに。

ドラゴンフルーツジャム  ドラゴンフルーツジャム2  ドラゴンフルーツジャム3

いかにも頑丈そうに見える皮だが、いとも容易くするりと剥けてしまう。
果肉の方がむしろしっかりしていて、煮込むのに少々時間がかかる。
ちなみに果肉は赤いものと白いタイプのものがあり、
赤い方が出来上がりは美しいが、「白いジャム」というのも珍しくていい。

ドラゴンフルーツジャム4

ジャムには独特のとろみがあり、最後までよく分からないやつという印象。
だがヨーグルトに入れるとナタデココのような食感で真価を発揮する。
どんな人であっても、活躍できる環境作りということがまずは大切なのだ。

生だとはっきり言って大したことはないけれど、ジャムにすると強烈な個性。
曲者ドラゴンフルーツ、ぜひ一度お試しを。

ジャム | comment(4) |


2012/07/03 (Tue) アメリカンチェリージャム

特売のアメリカンチェリーをジャムに。

アメリカンチェリージャム

実を選別し、種を一つ一つ取っていると、それぞれ個体差があることに気付く。
果肉の大きいもの、堅く引き締まっているもの、種ばかりが大きいもの、
十分に熟れて芯までボルドー色のもの。本当に色々あるものだ。
これまで何となく口の中へ放り込んでいてすまない、とさえ思う。

ここでふと、個性ということについて考えてしまうのである。
私はいわゆる「団塊ジュニア世代」で、小・中学とマンモス校に通っていた。
当時の担任の先生は生徒一人一人に対して向き合ってくれていただろうかと。

阿部先生、ご無沙汰していますがお変わりありませんか。
僕は紆余曲折を経て陶芸家になりました。
飽きっぽくて、図工の時間はいつもサボってばかりでしたから、
先生にしてみれば今の僕の姿はとても想像できないでしょうね。
生活は厳しいですが、子供も授かり家族で何とか頑張っています。
東京でも展示会がありますし、またいつかお会いできることを願っています。
どうかいつまでもずっとお元気で。

アメリカンチェリージャム2

さてまんべんなくグラニュー糖をまぶされたアメリカンチェリーは、
火にかけられるとやがて自らの水分でじわじわと煮込まれていく。
あたりに漂う芳しい香り。
思わず「やればできるじゃないか」と声を掛けずにはいられない。
一山いくらだったはずのお前らがやるじゃないかと。

アメリカンチェリージャム3

こうして出来上がったジャムはとろりとして上品な甘み。
生で食べるよりも絶対にうまい。
それはそうだろう、だって色々あったのだから。
まさしく生まれ変わった味わいなのである。

ジャム | comment(6) |


| TOP | next >>

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。