2009・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2009/10/31 (Sat) 多治見工業友の会

昨晩はtenさん、尾木卓弥君・宏美ちゃん家族がうちに来てくれた。
尾木家にはうちの子と同じ年頃のお嬢ちゃん二人がいて、
とても楽しく、賑やかなご飯になった。
料理上手のtenさんのモツ煮込みがとろとろで旨い。
おでんも上品なお味。何で出汁をとったの?

おでんとかいろいろ  息子がフライングでパンをかじってしまった

tenさんと尾木君は甄舎(けんしゃ)展の実行委員の中心を担っている。
私と妻も含めて皆、多治見工業陶磁専攻科の出身で、貴重な縦の繋がりである。
尾木君は現在も多治見工業本科生の指導の傍ら、自身の制作をしている。

tenさん、尾木君二人とも造形的な作品に取り組んでいて、
素材である土に対する感覚が鋭い。
作品への思いや葛藤など、包み隠さず聞かせてくれた。
やきものに対する本質的なことに触れたような思い。
私自身も改めて、いったい何を大切に思い制作しているのか考えたのだった。

その他、もちろんおバカな話がほとんど。
何だか盛り上がっていたようだけど、終盤私はいつものように脱落してしまった。
ご近所さん同士だし、こんな機会が頻繁にあったらと思う。

生活 | comment(4) |


| TOP | next >>

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09