2017・07
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/06/18 (Wed) 米子の夜

pibicoさんを後に米子道を車を走らせ、およそ4時間。
夕方にはビジネスホテルにチェックインし、楽しみにしていた桔梗屋へ。
今回も昨年東北の旅同様に太田和彦さん縁のお店巡りを裏テーマとしていた。

米子 米子2

「お酒はどういたしましょうか」とご主人。
「お任せします」
「うちは全てお燗でお出ししますがよろしいですか」
「もちろんです、お願いします」

酒というのは自分の好きなように楽しめばそれでよろしい。
だがいい酒は冷たく飲むもので、燗にするなんて勿体ないという誤解がある。
居酒屋で若い店員に「これは燗に出来ません」などと言われると激しく苛立つ私。
まあそれはともかく。

米子3 米子4 

米子5 米子6 

コース料理に合わせて、山陰の酒を絶妙な温度で出してくれる。
出西窯の大振りの「湯呑」が嬉しい。
ご主人と女将さんの話も楽しく、料理も器も素晴らしく、何もかも行き届いた空間。
「酒がいいとお腹がすくんですよ」 「そしてまた酒が進んでしまう」
確かによく飲んだが、悪酔いすることなく却って力が湧いてくるようでさえあった。
燗酒の妙味である。

米子7 米子8 

米子9 米子10

翌日は新しくお取引していただけることになった日々花さんを訪ねる。
「米子に可愛いお店が出来たって喜んでたんです」と女将さん。
これまで馴染みのなかった米子の町が、急に近く感じられた夜となった。

| comment(0) |


<<米子、境港 | TOP | 倉敷、岡山>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。