2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2009/12/10 (Thu) トンボ

年明けのラ・ロンダジルさんでの個展に向けて制作を続けている。
コンセプト(というほどのものでもないが)が決まってからは
わりと調子よく作っていると思う。
鉄赤・ブロンズ釉・淡黄釉のうつわや小さな花器を並べて、
各色による印象の違いを感じ取っていただき、
中から選んでいただけるような展示にしたいと思っている。
なのでまずは出来るだけたくさん作ってなんぼ、というわけである。
ロンダさんの真っ白な空間によく映えるのではないだろうか。

トンボ    碗

同じうつわを続けて作るとき、「トンボ」という道具を使う。
私の場合、竹ひごを十字に縛ってボンドで留めた簡易なもの。
これでうつわの口径と深さを測るのだが、例えば胴の張り具合だとか
見込み(うつわの底の部分)の幅などはだいたい眼や感覚で判断しているので
お碗のようなフォルムのものは気を付けないと形が揃わなくなってしまう。

片口・蕎麦猪口・マグカップ

これらはみな同じトンボで作ったもの。
口径と深さは同じでも、ちょっとしたニュアンスや細工で印象が違うと思う。
一つのトンボでバリエーションを増やしていくということも少なくない。
自然と、寸法からかたち決めをしていくというのが私のスタイルになっている。

仕事 | comment(2) |


<<全員集合@河内家 | TOP | ミセス・ベリーのジャム・ノート>>

comment











管理人のみ閲覧OK


おはようございます 

トンボ懐かしいです。
先生や、上手な人が使っている道具大事な道具ですよね。
私などは、5・6年習いましたが、いつまで経ってもトンボを使わず上手な人のところを覗いていました。
陶芸は無心になれるからいいですよね。
編み物もそうです。もう少しもう少しときりが無いくらい楽しくやっていました。
今は、雑用で忙しくて。。。
個展に向けて頑張ってください。
お風邪など引かれませぬように。

2009/12/10 09:44 | berry [ 編集 ]


 

berryさん:

こんにちは。いつもお気遣い下さってありがとうございます。

僕の仕事はほとんどロクロなので、トンボがないとどうにもなりません。
本当に上手な人はトンボも必要ないかもしれませんね。
揃えて作るよりもロクロの勢いを大切にした方がいい場合もあると思います。

言うまでもなく陶芸は作って楽しいだけでなく、使って楽しいものですね。
ベリーさんのおかげでジャム作りに関心を持つことが出来て、
これからの僕の仕事にも新たな力をいただいたような気がします。

個展に向けて、出来るかぎりのことをしたいと思っています。

2009/12/10 13:01 | 小澤基晴 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09