2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2009/06/25 (Thu) 重ね小鉢

ロクロ、削り、鎬などマイペースに。
夕方から白土でロクロ。
私の作るもののほとんどが赤土の素地なのだが、透明感のある色、
明るい色などの釉薬には白土の方がいいこともある。
うつわの質感のほとんどは、良質な土そのものがもたらすものだと思う。

また今日は、しばらくの間失ったと思っていたトンボを見付けた。
「トンボ」というのはロクロで成形するときに口径や深さなど採寸する道具で、
これがないと同じものが出来ない(但し収縮率などから大体の見当はつく)。
管理が悪いのだが、大切な道具なのでまたもし失くしたら全くぞっとしない。

●昨日仕上げたスタッキングできる小鉢●

仕上げ直後  →  重ね小鉢  こんな感じになる。

画像の品は粉引だが、3段それぞれを違う色の釉薬で塗り分けても楽しい。
少し余った佃煮やふりかけ等の保存容器としてそのまま冷蔵庫に仕舞えるし、
高さがあるので食卓のアクセントにも。
お酒の席で前菜3種をそれぞれに盛り付けてもいいと思う。

木製の蓋はマサチロ雑貨店の土岐君に制作をお願いしている。
マサチロ雑貨店のお二人とはおととしのクラフトフェアで知り合って以来、
たまに食事をしたり、近況を教え合ったりして親しくさせてもらっている。
私自身、仕事の幅も広がったようでありがたいことです。

仕事 | comment(0) |


<<新しい土 | TOP | 味付けの好み>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09