2017・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2010/06/28 (Mon) 角食パン

W杯のアルゼンチン対メキシコ戦を前にむくりと起きて、パンの仕込み。
二次発酵は電気窯(パン用じゃなくて仕事用の窯)の余熱を利用した。
1時間もすると型の中の生地はふかふかに膨らんでいる。
型の蓋を閉めてオーブンで焼けば、試合終了後には焼きたてを食べられる。
朝から時間配分がぴたりと決まると気持ちがいい。

角食パン    オープンサンド  スターキングを生地に使用

パンの耳が好きな妻にとっては、山型パンよりも「天井」 「床」 「壁」がある
角食パンの方がいいようだ(私にはちょっとよく分からないけれど)。
型からパンを取り出して、少し落ち着かせてからそっとナイフを入れる。
薄くスライスして、ふつうのハムと切干大根のサラダをのせて朝食に。

最近パン材料を仕入れている多治見のお店で、色々粉の特徴のことなど尋ねた。
「私たちはパン屋さんではないから」と断りつつ、かいつまんで教えてくれた。

「ゴールデンヨットは窯伸びがいいので山型パンに向いている」
「だけど私たちは角食パンでも焼くし、お薦めもしている」
「なぜならおいしいから」
商売ではないのだし、不恰好でも自分好みの粉を使ってはということだろうか。
これからも少しずつ色んな粉を試してみたい。

上手な方は粉をブレンドするなどさらに工夫しているわけで、
私にはとてもそこまでこだわれそうにない。
本業の方はもう少しこだわりを強く持つべきかもしれないけれど。

食べもの | comment(8) |


<<C-POINT 2010 in AJIGASAWA | TOP | 戸田文浩さんの個展のお知らせ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


小麦 

実はうちの畑で小麦を育てている。狭い場所でそれほど収量はないのだが。
もう収穫しても、いや、した方がよいのだが、田んぼの方が忙しくてなかなか出来ずにいる。
小麦は種蒔き、収穫、収穫後の脱穀などの処理は手間がかかるが、それ以外は野菜ほど手間がかかるわけではない。
秋の11~12月まきになるが、少しやってみるのもいいかもしれない。

2010/06/28 22:57 | べやん [ 編集 ]


角食 

小澤様
これもシンプルなパンですね。のせたりはさんだり巻いたり…
いろいろ楽しめそうです。のってるのサラダ?
おいしそうですね。ところで「ケンミンショー」によると、
北海道では普通の食パンを「角食」というそうです。
もともと業界用語だったのが、なぜか北海道では
一般にまで浸透してしまったとか…。

2010/06/28 23:12 | Rooly [ 編集 ]


 

小澤さん、こんにちは♪

↓山食、とってもおいしそうだな~(山食フェチなので^^;)と拝見していましたが、
角食も作られたのですね!すごい!
焼きたてのパンは切りにくいでしょ~でもおいしいんですよね!
ふわ~んといい香りがしてきそうです!

色々なお粉でパンを作っていくうちに、
きっと色々な発見に出会えますよ~♪
私もまだまだ模索中・・、いえ、たぶんずーっとです^^

私もパンの端っこ、すきなんです(笑)

2010/06/29 13:01 | ぎこ [ 編集 ]


 

べやん:

手広く農業やっているんだね。何だか想像がつかないけれど。
急に暑くなってきたので作業も堪えるでしょう。
台風などの対策もこれから大変なんだろうね。

無事収穫できたら、ぜひパンやお菓子など焼いてみてください。
ジャムならたくさん差し上げますので。

2010/06/29 13:39 | 小澤基晴 [ 編集 ]


 

Roolyさん:

僕の札幌の知り合いも「角食」と言ってました。
ふしぎとおいしそうな響きですね。

パンにのっけたサラダのようなものはうちではよく作るんです。
戻した切干大根と塩もみした野菜をマヨネーズなどで適当に和えたものです。
切干が良い食感で、なかなか食べ応えがありますよ。

2010/06/29 13:45 | 小澤基晴 [ 編集 ]


 

ぎこさん:

素人のパンですけど、それでも焼きたてをいただく幸せを知りました。
ぎゅっと密度のつまった角食は、トーストしなくてもおいしかったです。
粉の違いによる味、香り、膨らみ方などの違いを少しずつ覚えていきたいです。

初心者向きと聞いて湯だねのパンを焼いてましたが、
材料店の方はストレート法の方が手間はないと言ってました。
何だかパンのイロハをよく分かってないまま焼いているみたいです...
いつかぎこさんのようなハードトーストに挑戦できるときもくるかなあ。

2010/06/29 13:56 | 小澤基晴 [ 編集 ]


みみ 

私も耳部が好きです。ちょっと硬い所と柔らかい所が共存してていいんですよね。
↓ご紹介ありがとうございました!
小澤さんのブログを見て来て下さった方がいましたよ。小澤さん文章うまいですね。
あと、ツイッター興味ないですか?
ブログより気軽で時間もとらないし。
色んな意味で人のひろがりもあります。
多分ですが、小澤さんの同期の方もやってらっしゃいます。
もし興味があったらぜひぜひ。

2010/06/30 13:03 | 戸田文浩 [ 編集 ]


 

戸田さん:

僕の焼くパンの耳はそんなに硬くないので、自分でも結構おいしく食べてます。
耳好きの人ってわりと細かいこだわりがあるみたいですね。

僕なんかのブログでも少しは宣伝効果があったようでよかったです。
個展、たしかイコッカさんで毎年されてましたよね?
なかなか見に行けませんが、これからもご案内ください。

ツイッターも興味はあるんですが、どういうものかよく分かってないんです。
とりあえず好きな人のをフォローしてみようかな。

2010/06/30 17:14 | 小澤基晴 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09