2017・11
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/07/01 (Wed) ギリシャ料理

一日ロクロや削りなど。
西日本、特に九州などの天気は大荒れだったようだが、
私の住む地域はよく晴れて、仕事もはかどった。

深夜に放送しているので最近になって録画して観ているCSの番組で、
「料理の鉄人USA」というのがある。
番組の進行は日本のそれとそう変わらないが、テーマになる食材が
オヒョウ、北極イワナ、ダチョウなど日本では馴染みのないものも多い。
世界的には、あるいはアメリカではよく食べられているのか、
演出として奇をてらっているのかは分からない。
だが例えばゴボウのことを牡蠣の風味がすると言ったり、味覚などについての
思いがけない表現に感心してしまう(実際にオイスタープラントと呼ぶらしい)。

鉄人はアメリカ南西部料理、日本料理、イタリア料理、ギリシャ料理の4人。
ギリシャ料理というのも世界的にポピュラーなのだろうか?
私が今まで番組を観てきた限りでは、アジアの調味料を多用したり
モロッコ料理を模してみたと言ったり、特徴がよく分からない。

少し調べてみたが、タラコとジャガイモで作るタラモサラダ、
あれはギリシャ料理がもとらしい。
ただし本家の材料はボラなどの魚卵にポテト、オリーブ油、レモン、
サワークリームなどで、「タラモサラタ(タラマサラタ)」というのだそうだ。
日本では魚卵といえばボラなどよりもタラコの方がずっと身近だし、
タラコ+ジャガイモでタラモになるので都合がよかったということだろう。

タラモサラダ  山盛りのタラモサラダ

うちではジャガイモをよく食べる。
蒸かしたジャガイモに塩辛を合わせるのは北海道発祥らしいが、
珍しく、なかなか旨い食べ方だと思う。
ジャガイモはマッシュしてしまうより原形を留めていた方が好みではある。

食べもの | comment(0) |


<<なんでもない | TOP | リム皿の仕上げ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。