2017・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/10/25 (Mon) 「あったまる器」展 開催中

私は初日・二日目の在廊を経て昨晩遅くに岐阜に戻りましたが、
SHIZENさんでは「あったまる器」展が引き続き31日(日)まで開催中です。
4人の作家によるほっこり温まるうつわが揃っています。
どうぞお出掛け下さい。

SHIZEN 外観  緑色の壁にうつわがよく映えます

お客さんの中には私のうつわを「耐熱ですか」と尋ねられる方も多い。
違うんです、と答えると残念そうにされるので申し訳ない気持ちになる。
耐熱ものに挑戦したいという思いはずっとあったけれど、
もしかしたら今がそのタイミングなのかもしれない。

HENDRIX.jpg  これは厚切りベーコンと焼き茄子炒め
  
初日の夜はSHIZENの近くにあるHENDRIXに連れて行っていただいた。
昼はカレーランチ、夜はワインも楽しめるバーになるという評判のお店。
ちょっと真似したくなる(でもきっとできない)おいしい料理の数々。
モツと白いんげん豆のトマト煮込み、今度うちでも作ってみたい。
ワインと料理を交互に口に運びながらよもやま話。
締めにチキンカレーをいただいてすっかりお腹いっぱいになった。

この日一緒にお店に立たれていた野村亜矢さんとは仕事の話なども少々。
野村さんは愛知県安城市で手びねりのうつわを制作されていて、
土鍋やグラタン皿などの耐熱のうつわも10年以上続けてこられている。

展示会のほんの少しかしこまった雰囲気、喜んで下さるお客さんの顔、
他の作家から受けるたくさんの刺激、それから夜のネオン。
そういったものにまた出合いたくて、日々孤独な仕事をしているのだと思う。
今日からまた通常営業。

団欒」もぜひご覧ください。

生活 | comment(4) |


<<あったまる器その3 | TOP | あったまる器その2>>

comment











管理人のみ閲覧OK


チャイを飲みながら 

早速帰って、いただいたティーカップでチャイを入れてみました。シナモンの芳しい香りが漂い、部屋が黄ぃなあ色に染まって、まったりした気分になりました。
また、ひとつ楽しみが増えました。

2010/10/26 06:41 | べやん [ 編集 ]


耐熱といえば 

小澤様
「あったまる器=耐熱」と誤解されるのもしかたないかもしれませんね。
でも「冬に似合う、温かい料理の器」がコンセプトなわけで…。
耐熱は作り方が独特で大変だとか聞きました。
頑張ってくださいね。

2010/10/26 09:39 | Rooly [ 編集 ]


 

べやん:

いつも足を運んでくれてありがとう。
お店ではゆっくり話もできず申し訳ない。
これからも神出鬼没で現れてください。

カップのその後のお世話をどうかよろしく。

2010/10/26 12:38 | 小澤基晴 [ 編集 ]


 

Roolyさん:

出品作の中にグラタン皿のようなかたちのものがあったので
余計に耐熱容器に見えてしまったようです。

耐熱は作り手にとっても困難な部分がありますが、
使って下さる方に対しても「最初にお粥を炊く」とか「急に冷やすな」とか
色々お願いすることが多いのでためらっていたんです。
時間はかかりそうですが少しずつ試していきたいです。

2010/10/26 12:43 | 小澤基晴 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。