2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2010/11/19 (Fri) はらこめし

今が旬の生鮭と出汁などで炊きあげたご飯に
いくらの醤油漬けをたっぷりかけた、はらこめし。

はらこめし    はらこめし2

硬めに炊いたご飯に鮭の脂が染みてつやつや。
ほのかな塩気をまとったいくらはぷりぷりの食感。
ほぐした鮭の身・ご飯・いくらを一口で運ぶ割合を瞬時に見極め、
その通りに匙ですくって頬張る (その幸福な運動を繰り返す)。
鮭が甘く、ご飯が甘く、いくらが甘く、しかしどれも異なる甘さであり、
すなわち旨い。

なぜこんなご馳走をいただいているのかというと、
先日、札幌ご出身のマサチロ雑貨店のちひろさんより
大量のいくらの醤油漬けを分けてもらったからなのである。
おかげではらこめし、いくら丼、手巻き寿しと、何日もの間楽しんだ。

ちなみに私はこのとき初めて本物のいくらの味を知ったのであり、
息子は3歳にしてすでに本物の味に出合ったことになる
(もちろんもったいないからあまりやらなかった)。

ちひろさん、ありがとう。
ジャムでよければまた今度差し上げます。

食べもの | comment(4) |


<<暮らしのうつわの店 なごみ | TOP | 河内啓さんの個展>>

comment











管理人のみ閲覧OK


色合わせ 

小澤様
要するに「鮭親子ご飯」ですね。
いい意味とてもぜいたくです。
私も作りたい…いろどりにグリーンの
ものもあしらいたいですね。

2010/11/19 14:22 | Rooly [ 編集 ]


 

Roolyさん:

はらこめし、豪快にいただきました。
ちょっとず食べるんじゃあのおいしさは味わえないですね。
役得でした。

彩りのもの、三つ葉じゃちょっと香りが強いし、大葉なら合うかな...
なんて思いつつ、結局シンプルに盛り付けました。

2010/11/19 17:57 | 小澤基晴 [ 編集 ]


おいしそう。 

楽しんでいただけたようで何よりです。
ジャムもいいけど、器でもいいですよ。

2010/11/22 21:19 | マサチロの(ち) [ 編集 ]


 

マサチロの(ち)さん:

いくら、本当においしくいただきました。
あの食感、新鮮だからこそなんだろうねえ。

うつわもジャムも売るほどあるので、どんどん差し上げますよ。

2010/11/23 07:23 | 小澤基晴 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09