2017・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/12/09 (Thu) いちごジャム

個展後ようやく人心地がついて、昨日から仕事再開している。
また、「楽しい」仕事の方も再開した。

とちおとめ    いちごジャム

今年走りのいちごを早速ジャムに。
BERRYさんのご本を開いて初めて作ったのもいちごのジャムだった。
甘い香りを嗅ぎながら季節折々のことを思い返したりする。
私のジャム歴もまだまだ浅く、これからも楽しく続けていきたい。

ジャムは火を止めるタイミングが出来を左右すると思う。
また、いちごはびっくりするほどアクが出てくる。
必要アクなどと言わず、まめに掬ってとろりとしたジャムに仕上げる。

いちごジャムトースト

厚切りのトーストにバターとたっぷりのいちごジャムを落として。
朝食は一日の活力の源だからしっかり食べる。
ジャムもたくさん作ったので、冬ごもりの支度はこれで万全なのである。

ジャム | comment(6) |


<<野村絵梨花さん・余宮隆さんの個展 | TOP | Rno2 個展を終えて>>

comment











管理人のみ閲覧OK


苺といえば 

小澤様
ジャムとしてはスタンダードだけどおいしくて
ほっとする味ですよね。苺といえば栃木の
「とちおとめ」もよろしく!

2010/12/09 18:27 | Rooly [ 編集 ]


 

小澤さんのブログにたどり着いて、最初の感想・・

ジャムの事多いな・・(笑)

とはいえ、ワタクシイチゴジャムダイスキ!
であります!

小澤さんの作るジャムがあまりおいしそうなので
彼女がりんごジャムを作ったよ。

2010/12/09 22:42 | ムラカミショウ [ 編集 ]


 

Roolyさん:

今回大粒のとちおとめでジャムを作ったんですよ。
そのまま食べておいしいいちごをジャムにするんですから贅沢ですよね。
初めて作ったときに比べたら上出来だったと思います。

2010/12/10 06:20 | 小澤基晴 [ 編集 ]


 

ショウさん:

最近ブログに「ジャム」カテゴリを設けたくらいですから。
すっかりジャムおじさんと呼ばれてますよ。
持ち寄り会で煮込み料理とか持って行くと、
「これには何のジャム入ってんの」とか言われますし。

りんごジャムいいですよね。
嵩が減らないからたくさん出来るし、シナモン振れば大人の味。
ジャム万歳!

2010/12/10 06:30 | 小澤基晴 [ 編集 ]


 

小澤さん、こんにちは♪
少し落ち着いたところで
ジャムの王道のイチゴジャム、いいですね。
とてもおいしそうです~。
私も作りたくなってきました^^ミルクも!笑

2010/12/10 10:29 | ぎこ [ 編集 ]


 

ぎこさん:

そうなんです。王道のいちごジャム!
初めて作ったときのことを思い出しながらコトコト煮ました。
でもジャム作りってアク掬いなんかで忙しくて、意外とのんびりできませんね。

いちごとミルク、最高ですよね。
初めてBERRYさんのご本で二層になったジャムを見たとき、
こんな可愛いジャムがあるのかって驚いたのを覚えてます。

2010/12/10 16:51 | 小澤基晴 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。