2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2011/03/07 (Mon) 女城主蔵開き

再び岩村へ。
昨日は岩村の銘酒「女城主」の蔵開きの最終日で、前々から楽しみにしていた。
まずはマサチロ雑貨店 土岐君・ちひろさんの家に招かれ、お昼をいただく。
今回は河内啓さん・せとものさんのご一家も。
団欒ブログもご覧ください。

マサチロさん テーブル  マサチロさん テーブル2  マサチロさん テーブル3

いつも手の込んだご馳走を用意してくれるちひろさん。
お稲荷さんや、「お食後」のシフォンケーキはせとものさん。
どれもおいしくいただき、相当量のお酒もすでにお腹に収まった。
子どもたちがいたこともあっていつもながらの賑やかな食卓。
我が娘があまりにも食いしん坊でみんなを驚かせていた。

岩村 町並み  岩村 町並み2

その後は岩村の町並みをそぞろ歩き。
素朴な景観がかえって私には新鮮に映る。
電柱の地中化計画もあるそうで、大変結構なことだと思う。

蔵開き 2011  蔵開き 2011 2

お目当ての蔵開きでは新酒の試飲を楽しむ観光客で盛況。
何しろ入場時に「お猪口代」として100円さえ支払えば、
一番搾り・原酒・にごり酒の3種を制限なく飲み比べることができる。
せとものさんと「これが旨いね」と頷き合い、今年はにごり酒を購入。
帰り道、(誰も心配してないが)この千鳥足は酒のせいじゃない、
膝がわるいんだ!と声を大にして言いたかった。
どちらにしても情けないけれど。

私のような飲兵衛でなくても、岩村の古い町並みを楽しみに訪ねても良いと思う。
駄菓子屋に漬物屋、漂う五平餅を焼く匂い。
行く先々で土岐君が馴染みの人たちと挨拶を交わしているのも印象的だった。
マサチロさん達を始め、地域の努力でこの郷愁は成り立つのだと気付かされた。
来年もこの時期に、また。

昨年の様子
昨年の様子2 (団欒の記事)
昨年の様子3 (団欒の記事)

生活 | comment(2) |


<<つむぎ | TOP | 不調>>

comment











管理人のみ閲覧OK


友情イベント 

小澤様
皆さんで協力してのイベント素敵です。
熱意を感じますね。料理やケーキおいしそう。
新酒、おいしいでしょうね。

実は私、その昔新酒のシンボルになってる
杉玉を見て「蜂の巣? コワイもの飾るな~」と
思ったことがあるのです。今はその正体をちゃんと
知ってますけど…。

2011/03/07 15:16 | Rooly [ 編集 ]


 

Roolyさん:

僕は本当に友人に恵まれています。
友人以外は恵まれていないくらいです。
みんな料理上手なのでいつもおいしい思いをしています。
新酒ももちろんおいしくいただきました。

当日、いつもは静かな岩村も観光客で賑わっていました。
夏には去年同様、お祭りにもぜひ遊びに来たいと思っています。

2011/03/07 17:39 | 小澤基晴 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09