2017・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2011/03/30 (Wed) 重ね小鉢

重ね小鉢 素地 気を付け、前へ倣え

重ね小鉢。
3段の小鉢それぞれがきちんと重なるように揃えて作るということ、
釉薬の色分けをして焼くことなど、これも何かと手間な仕事の一つである。
だが積み木のような楽しさがあって、出来映えそれ自体は気に入っている。

何よりこのうつわの特長はマサチロ雑貨店土岐君制作による木の蓋だろう。
最初にこの仕事を相談したときは土岐君もまだ埼玉で活動されていたので
当時は電話やメールでのやりとりがほとんどだった。
ウォールナット、ナラ、桜、タモ、ピーチなどのサンプルも寄越してくれて
それらの性質を素人の私に分かりやすく教えてくれたりもした。

また「出来上がり寸法は0.5ミリ程の遊びをご理解下さい」と書き添えられてあり、
私はこれを「5ミリ」と誤読し、「ちょっと大雑把ではないか」と思ったものである
(その後すぐに自分の早とちりに気づき、メモを前にひれ伏すことになった)。
私の仕事はとてもそこまで精密ではない。

これまでも二人でくり返し作ってきたし、これからも作り続けるものであろうと思う。
それにこの仕事に臨むときはいつも初心に帰るような気持ちになるのだ。

重ね小鉢 団欒 (過去の記事)

仕事 | comment(2) |


<<ぎっくり腰 | TOP | 団欒展示会の打ち合わせ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


用途いろいろ 

小澤様
これも使い道がたくさんありますよね。
特に箸休めの小品を盛るのに便利です。
木のふたにも温かみが感じられますね。
しまう時も便利です。

2011/03/30 14:55 | Rooly [ 編集 ]


 

Roolyさん:

意外とおかずがちょっと残ったりしますから
このまま冷蔵庫にしまえるのでなかなか便利です。
高さがあってテーブルのアクセントにもなりますしね。
自分で言うのも何ですが、ただ飾っておいても可愛いものです。

2011/03/30 18:30 | 小澤基晴 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09