2017・11
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/04/02 (Sat) 上半期の予定

今更ながら、6月までに決まっているイベント等参加予定のお知らせ。
1月~3月は表立った活動がなかったもので。

四寸皿展
PARTY
4月15日(金)~23日(土) 11:00-19:00(最終日17:00)
4寸~4.5寸のお皿が並ぶ企画展。
私は粉引やブロンズ釉、新作の輪花皿などを出品予定。
輪花皿はこの季節に相応しいのではと考えて制作した。
ただいま本焼き前の皿が棚の上でずらりと待機中。
16日(土)の午後にはお店にも少し顔を出せればと思っている。

輪花皿 素地

土岐美濃焼まつり
5月3日(火)~5日(木)
駆け出しの頃から毎年出店している地元の陶器市。
今年は河内啓さんとともに、B品やサンプルなどを廉価で販売。
といっても以前と比べてB品もずいぶん無くなってしまった。
新作を見ていただく機会となるかもしれない。

フィールドオブクラフト倉敷
5月14日(土)15日(日)10:00-17:00 雨天決行
昨年に続いて2回目の参加。
たくさんのご縁をいただいたし、作家同士の夜の交流会も楽しかった。
初参加の意気込みで自分の出来る限りの仕事を持ち込んだが、
今年はもっとテーマを絞って、より質を高めた展示内容を目指す。

二人展
bonton
6月17日(金)~6月22日(水)
ガラス作家 沖澤康平さんとの二人展。
沖澤さんは私同様寡黙で控えめな人だが、静かに燃えているはずである。
何しろ二人で作品を展示するのは、ついに念願叶ったりという思いなのだ。
私はプレートを中心に初夏らしいワラ灰の爽やかなうつわ、
ブロンズ釉の定番品から新作まで、少し大人っぽいものをお見せしたい。


そういうわけでわりと忙しくできるはずなのであるが、
私自身、「今この時期に、この状態」というのが非常にまずい。
ようやく暖かくなって仕事も捗りそうだというのに、長引く予感のぎっくり腰。
気持ちばかりが焦っているのである。

おしらせ | comment(2) |


<<カフェ温土・東日本大震災復興陶展 | TOP | ぎっくり腰>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

ぎっくり腰、大変ですね。

気をつけるのは、重い物を持つ時は足を大きく開き、がに股になること。
それから、なるべく上から下へ、下から上へ動かすのを避け、水平に動かすようにする。
気分は乗ってる時はしにくいとは思うが、時折、腰をほぐしたり休ませたりする。
これだけでだいぶ予防になると思う。

早く腰が元に戻りますように。

2011/04/03 00:23 | べやん [ 編集 ]


 

べやん:

的確なアドバイスありがとう。
日常生活(食器の洗い物など)でも足を開いて不動の姿勢をとっています。
重いものも、土・釉薬・娘以外のものは避け、
なるべく腰に負担のないように気をつけてますよ。

腰は突然くるので、「魔女の一撃」とは昔の人はうまく言ったものですね。
今日はずいぶん楽なので、無理せずイベント準備に努めたいところです。

2011/04/03 08:19 | 小澤基晴 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。