2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2011/04/11 (Mon) 多治見クリエーターズ・マーケット

クリマ 会場 銀座商店街

第2回多治見クリエーターズ・マーケット。
初日はあいにくの天気だったが、私が訪ねた昨日は晴れて絶好の日和となった。

tenさんのブース

クリマ tenさん

原土を使った仕事。
原土とは精製する前の、いわば「掘ってきたばかり」の土である。
荒っぽく、扱いづらいが、土そのものの持つ力強い存在感がある。
それをあえて端正な造形に仕上げ、整然と並べたところが面白く、美しかった。

河内啓さんのブース

クリマ 河内啓さん  クリマ 河内啓さん2

天然の木灰を用いた灰釉、数種類の釉薬による掛け分け。
それらがゆったりとしたロクロのリズムで形作られたフォルムに調和する。
私の目の前で小鉢を買われたご婦人に、思わず「それ俺も使ってます」と。
何気なく手にとってしまう人懐っこさがあって、我が家でも毎日活躍している。

柴田サヤカさんのブース

クリマ 柴田サヤカさん  クリマ 柴田サヤカさん2

飴釉のカップ、子どものうつわ、それから人気の「陶のボタン」。
作品自体の可愛らしさはもちろん、展示やパッケージも抜群のセンス。
私も若いお客のハートを掴むヒントを探るべく (そんな気はおくびにも出さず)、
じっとブースに居座ってサヤカさんの立ち振る舞いを観察していたのである。

他にも多治見工業時代の同期や、Studio MAVOで活動している若手作家など
各ブースを行ったり来たりしながら見て回るのが本当に楽しかった。
作風が実に多様で、そしてそれこそが美濃の特長なのだと思う。
これからも継続的に開催してほしい地元のイベントである。

長井梨恵さん たたら皿 スクランブルエッグとトースト、目玉焼きにちょこっとサラダ

別の商店街(ながせ通り)にあるカフェ温土でのチャリティーバザーでは
長井梨恵さんのたたら皿を購入でき、大変よい気分で帰路についた。
いいなと思って手にとると、それが梨恵さんの作であることが多い。
私の品も完売したとのことで何よりでありました。

生活 | comment(4) |


<<四寸皿展 | TOP | 4歳>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

遅れましたが、誕生日おめでとう。

こちらでは桜が満開になりました。
実際にいつもよりも遅かったのだが、今年は大震災もあったせいか、春がだいぶ遅れてきたような気がする。

2011/04/12 22:21 | べやん [ 編集 ]


 

べやん:

どうもありがとう。

今年は桜の開花も遠慮がちというか、少し遅れているようだね。
週末上京しますが、もうその頃には散ってしまっているだろうか。

2011/04/13 06:34 | 小澤基晴 [ 編集 ]


 

次回は小澤さんの接客術を勉強させていただきます!

2011/04/16 11:09 | サヤカ [ 編集 ]


 

サヤカさん:

来年は僕もクリマ出したいかも。

僕の接客の極意は、右斜め45度から両手をすり合わせながら接近し、
天気の話題を振ることです。
ぜひお試しください。

2011/04/18 06:46 | 小澤基晴 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09