2017・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/08/14 (Sun) ミニトマトのジャム

甘みの強いミニトマトをジャムに。

ミニトマト

●ミニトマト1kg グラニュー糖300g レモン汁50cc

ミニトマト2  ミニトマト3 

ミニトマトを半分に切る。
縦に切るより横に切った方が断面が可愛いと私は思う
(どうせ煮ているうちにぐずぐずになってしまうのだが)。

ミニトマト4  ミニトマトジャム

グラニュー糖(半量)とレモン汁をまぶし、じわじわと鍋で温める。
水分が出てくるので時間がかかるが、根気よく煮ていく。
皮が舌に障るので木べらで適当につぶすとよい。
残りのグラニュー糖も加えてさらに煮詰め、とろりとしたら完成。
ミニトマトをぎゅっと濃縮したような、コクのあるおいしいジャムが出来た。

トマト

この後、大量の中玉トマトもジャムにしたのである。
BERRYさんのレシピを参考に、ミキサーにかけて滑らかな仕上がりに。
料理にも合うので出番が多く、我が家では常に冷蔵庫にストックされている。



【どうでもいい話】
私は24時間のうち1時間走っているのだ、と思う。
9時間仕事、6時間寝ているとして、残りの8時間がよく分からない。
そのことを妻に話したら、「ジャムかネットちゃう」とのこと。
なるほど当たっている。

ジャム | comment(0) |


<<カウリ | TOP | 仕事>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。