2017・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/09/12 (Mon) イチジクのジャム

ジャムを作るようになってから、果物の旬を意識するようになった。
今ならイチジクである。

イチジク

手作りのジャムは難しく、面倒だと考える人もいるかもしれない。
だがイチジクは皮を剥いたり種を取る手間などもないし、
ヘタを除いて後はざくざくと切るだけなので、入門編としては最適だと思う。

イチジクのジャムって食べたことありますか。
ないでしょう。
それならばぜひ試してみてほしい。

イチジク2   イチジクジャム

イチジク600g グラニュー糖180g レモン汁30cc

果肉から滲む乳液でかぶれることもあるので手早く作業する。
気を付けることはそれくらいだ。

私は基本的にジャムのレシピは果物・グラニュー糖・少量のレモンだけで、
洋酒など香り付けのものは加えない主義である。
何でもそれなりに続ければこのように「主義」のようなものが身に付いてくる
(そんな私のような者を半可通という)。

イチジクジャム2

ジャムに洋酒は入れないが、私くらいになるとジャムをつまみに酒が飲める。
イチジクのジャムと、少しクセのあるチーズ。
甘いのとしょっぱいのとの組み合わせは、ワインの佳肴である。
ジャムとともにある一日はこうして幕を閉じる。

ジャム | comment(4) |


<<蝶野秀紀さんの個展 | TOP | 余宮隆さんの個展>>

comment











管理人のみ閲覧OK


イチジクといえば 

小澤様
イチジク…「無花果」と書くけれど、
あのフルーツとおぼしきもの、実は花だそうですね。
シベに当たる部分の種っぽいプチプチ感がたまりません。
チーズに合うくらいだからサラダのドレッシングや
ステーキソースにも…ありでしょうか?

2011/09/12 15:12 | Rooly [ 編集 ]


 

Roolyさん:

子供の頃、これは花なんだと聞かされ不思議な気持ちがしたものです。
ドレッシングやソースなどの自然な甘みにイチジクはぴったりでしょうね。
先日妻が京都へ行ったときの土産で「無花果味噌」というのを食べましたが
イチジクの存在感もあっておいしかったです。

2011/09/12 17:38 | 小澤基晴 [ 編集 ]


 

個人的にはイチジクは木からもいでそのまま食べるのが一番おいしいと思っています。
できたら、庭にイチジクを植えてみたらどうでしょう?
木を植えると、この木は十蔵が何歳の時に植えたとか、思い出になることうけあいです。

2011/09/14 20:17 | べやん [ 編集 ]


 

べやん:

昨日庭のサルスベリとモミジの木を切ったところです。
いいアイディアだと思うけど、庭木は手入れが面倒だな。

実家に昔イチジクの木があって、祖母と捥いで食べたのは思い出になってる。

2011/09/15 04:52 | 小澤基晴 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。