2017・11
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/10/26 (Wed) 「商展街」を歩く

窯出しを待つ間にも色々準備がある。
これまでに出来上がっているものを仕分けしたり、値札を貼ったり、
梱包材を用意したり、名刺を刷ったり、散髪に行ったり、
コンタクトレンズを調達したり、ブログを更新したり。
買い出しのついでに寄った「」だったが、これが実に楽しかった。

商展街

「玉木酒店」さんでは横山拓也さんと呉瑛姫さんの作品が展示されている。
やはり晩酌向きの皿や片口・ぐい呑みなどの酒器が中心。
お二人は玉木さんとはもう長いお付き合いなのだそうだ。
玉木さんご夫婦はとっても明るくて、私もすっかりファンになってしまった。
店内奥にはワインセラーもあり(ワインは奥様担当)、
酒飲みのニーズに広く、ディープに応えてくれる。
先日の懇親会でもいただいた銘酒・玉柏を購入。開けるのが楽しみである。

商展街2

Anlac☆408さんでは「豆もの展」が開催中。
地元作家による、色んな「豆もの」を見ることができる。
私はブロンズ釉(茶)・ワラ灰(白)・淡黄(黄色)の輪花皿等を出品した。
中でも黄色が目を引くようだ。
※買い足しを希望される方、28日までに仰っていただけたら飛んで伺います

商展街3

「鳥竹」さんで昼飯。
昔ながらの中華そば屋さんといった雰囲気で、チャーシュー麺が旨い。
私には量が物足りないくらいで、次は大盛にしたい(もしくはライスを注文したい)。
汗を拭いながらスープを飲み干したのだった。

私のように10年この地域にいながら、知らなかったお店というのはたくさんある。
「商展街」は、近所の作家と知り合うきっかけにもなった。
名前と顔はお互い知っていても、実際に会う機会というのは意外とないものだ。
おかげで多治見の魅力を再発見できた気がする。
これからも地元のために出来ることは(出来る範囲で)何でもしたいと思っている。

生活 | comment(0) |


<<ミルクピッチャー | TOP | 灯しびとの集い>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。