2017・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/03/12 (Mon) うつわ屋フランジパニ

ご縁あって、福岡市のうつわ屋フランジパニさんにご紹介いただいています。
ブロンズ釉のもの色々、黄色のマグ、ワラ灰のシュガーボウルなどなど。
お近くの方、ぜひお出かけください (不定期にWEB SHOPもされるそうです)。

フラパニさん  フラパニさん2 画像拝借しました

フラパニさんは金成潤子さんと鈴木史子さんが一昨年の夏に二人展をしたお店。
当時私はお二人のブログを見て、猛暑の中で作陶に苦しんでおられる様子や、
会期中の博多滞在記をこっそりと楽しんでいた
(金成さんとはこの頃まだ直接知り合ってはいなかった)。
フラパニさんのお人柄や、二人展に向けての情熱のようなものも伝わってきて、
私もいつかこんなお店で扱ってもらえたらとずっと思っていた。
だから今回それが叶って本当に嬉しい。

ほかほかの白いご飯にいちばん合うのは博多明太子だろう。
モツ鍋、焼酎、屋台のラーメンも本場で体験してみたい。
博多弁を話す女性ってどうしてあんなに可愛いらしいのか。
私のうつわは福岡の方にどう映っているのだろう。
全てを確かめるため、近いうちにきっと訪れたいと思っている
(思っていれば叶うと思っているから)。

お店 | comment(6) |


<<新忘年度会@カフェ温土 | TOP | そばちょことまめざら展>>

comment











管理人のみ閲覧OK


博多弁 

九州の女性って普通に「やっとるけん」とか話しますもんね。

秋田のなまりも可愛かったですよ。

小澤くんは関西弁(河内かな?)も好きだよね?

2012/03/12 20:59 | べやん [ 編集 ]


 

べやん:

東京出身者なので可愛い訛りに憧れます。
まさか30で大阪人と結婚するとは思わなかったよ。

2012/03/13 07:44 | 小澤基晴 [ 編集 ]


 

今年も苦しみますですよ。
博多のうまいモンを鼻先にぶらさげて乗り切ります・・・。

2012/03/13 18:56 | jun [ 編集 ]


 

junさん:

おっ今年もなんですね。博多レポ楽しみにしてます。
ちくらさんにもどうぞよろしく。
制作中はおいしいものやら夜のネオンやら思い浮かべますよね。

2012/03/14 07:15 | 小澤基晴 [ 編集 ]


わぉ! 

フランジパニさん、実家から近くて去年の夏に遊びに行きました。小澤さんの器が福岡に上陸するなんて、嬉しいです!!
そして、是非福岡で展示会やってください。はりきって広報部長やります~

博多は、焼鳥、刺身、ふぐ、餃子。。何を食べても本当に安くて美味しいです!ぜひとも。

2012/03/14 18:20 | なす娘 [ 編集 ]


 

なす娘さん:

ご近所なんですか。ご縁ですねー。
夏にはまた移転されるそうですよ(記念の企画展もあります)。

フラパニさんには去年のクラトコで声をかけていただきました。
僕と同年の方ということもあり、初対面という感じがしませんでした。
先日納品したものたちはすでにたくさんの方に手に取っていただいたようです。
また頑張って作らないと...

フグに餃子も有名でしたね。博多は本当にうまかもんばかりですね。
いつか絶対に遊びに行きます!

2012/03/14 22:35 | 小澤基晴 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。