2017・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2012/05/25 (Fri) クラフトフェアまつもと前夜

制作中にどんなことを考えているのかとよく訊かれるけれど、
本当のことを言ったらきっとがっかりされる。
だってこれまでに積み重ねてきた失敗は数えきれない。
「畜生」 「もう嫌だ」と毎日泣いているというのに、
ようやく出来たうつわはどうしてこんなに温かいんだろう。
松本ではぜひ実際に手にとって確かめてほしいです。



重ね小鉢 淡黄スープマグ プレート 粉引プレート スープカップ しのぎ8寸皿 しのぎスープ皿 輪花豆皿
重ね小鉢
スープマグとプレート(黄色の他、粉引・鉄赤・ブロンズ釉のタイプも)
粉引シリーズ(プレート、スープカップ、そば猪口...)
ブロンズ釉しのぎシリーズと輪花皿


飴釉マグ大小   黒飴釉キャンディーポット   黒飴釉キャンディーポット2
飴釉マグカップ
黒飴釉キャンディーポット(数少なめ)



もちろん他にも色々。キャンディーポット以外はたくさんあります。
品物も全て車に積み込み、今夜のうちに出発します。
明日・明後日と、会場で見かけたらぜひ声をおかけ下さい。

クラフトフェアまつもと

生活 | comment(2) |


<<クラフトフェアまつもと初日 | TOP | 松本へ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

はじめまして。小澤さんの作品は生活のにおいがして素敵だなといつも感じています。
子供の行事で松本には行けず、毎年松本に行く友人にブロンズのリム皿をたのんだのですが、7寸は持ってこられてないとのこと、残念でしたー。
私は思春期にさしかかった娘とのバトルの後や、落ち込んだ時、自分で焼いたパンに慰められることが多々あります。 
あんなにトゲトゲした気持ちで焼いたのに、どうしてこんなにやさしいのだろうと。
どこかのイベントで小澤さんが もう嫌だって泣きながら焼いた器にますます会ってみたくなりました。      

2012/05/30 08:22 | 佐藤 [ 編集 ]


 

佐藤さん

嬉しいコメント下さりありがとうございます。
初日の早い時間に「お友達に頼まれた」とお尋ねの方がいらっしゃいました。
用意できていなくて本当に申し訳なかったです。
また作っておきますので、どこかでご覧いただけたら幸いです。

手作りのパンを焼かれていらっしゃるんですね。
僕はジャム作りはハマりましたが、パンは続きませんでした。

本業が忙しいと生活が荒みますので、心身のバランスをとるのが大変です。
未熟な親ですが、今は素直な子供たちに救われています。
ブログでは告知や報告などもしていますので、これからもよろしくお付き合い下さい。

2012/05/30 21:36 | 小澤基晴 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09