2017・07
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/06/10 (Sun) しのぎの器は、美しい…。

昨日から始まっています。

しのぎの器は、美しい …。

「しのぎの器は、美しい…。」
6月9日(土)~20日(水) 10:00-19:00 会期中無休
うつわ萬器
千葉県柏市あけぼの4-6-1栗山ビル
t/f 04-7147-8200
18日(月)に私もお店に伺う予定です

「しのぎの器は、美しい…。」というのが企画のタイトル。
谷口晃啓さんを始めとした「しのぎ作家」達の中に、私もちゃっかり入っています。
タイトルに負けないように丁寧に丁寧にしのぎを施しました。

今回の企画に当たって、しのぎによる効果というものを改めて考えました。
器に陰影が生まれるとか、質感に変化が出るとか、触れたときの面白さとか。
皿などには縁にしのぎがあることで上品に盛り付けがしやすいのでは。

また半乾きの土にサクリサクリとヘラを入れていく感覚が楽しく、
ただ単純に私はしのぎの作業そのものが好きなんだと思います
(「大変ですね」と言われると大げさに頷いて同情を買うようにしていますが)。

ブロンズ釉や黒飴釉は清々しい白い器の中で少し浮いた存在かもしれません。
それでも食卓のアクセントに、ぜひ試してみていただきたいのです。

・定番のしのぎシリーズ(サイズ違いのものや他にもいろいろあります)

しのぎ8寸皿  しのぎスープ皿 輪花豆皿  ブロンズ浅鉢 カルボナーラ  団欒ブログより

おしらせ | comment(2) |


<<クラトコピクニック | TOP | 関西ギャラリー巡り>>

comment











管理人のみ閲覧OK


素敵なネーミング 

小澤様
これもシンプルさが素敵ですね。
のせた食物が映えます。
「しのぎ」って名前も
(一生懸命作ってる感じが)
よかったりして…?

2012/06/10 16:30 | Rooly [ 編集 ]


 

Roolyさん:

今回このような企画展に参加できて大変光栄です。
しのぎの皿は見栄えがいいので我が家でもよく使っています。

2012/06/10 18:11 | 小澤基晴 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。