2017・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/07/11 (Wed) 化粧土の拭き取り

週末までずっと雨だという。
今日午前中の晴れ間を利用して、化粧掛けしたものをカラッと乾かす。
私は素焼き素地に化粧掛けするので生掛けのような崩壊の恐れはないが、
それでも室内でじわじわ乾かすより化粧土の食いつきがいいような気がする
(詳しくは粉引の手順を参照。もう3年前の記事だが)。

化粧土の拭き取り

私はこれまで化粧土を拭き取るのに小さいスポンジを使っていた。
大きいスポンジをわざわざ小さくちぎっていたのである。
何だか素地に当たる面が大きいと化粧を「拭き取り過ぎて」しまう気がして。
およそ8年間、この自己流のやり方を続けてきた。

だがふと思いつきで大きなスポンジを使ってみたら、これがすごくやりやすい。
効率もいいし、何より「きれいに」拭き取れる。
単純作業のストレスが軽減されたのはいいが、これまで一体何をしていたのか。

仕事 | comment(0) |


<<ゴーヤ | TOP | 石川裕信さんを送る>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。