2017・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2012/07/17 (Tue) 加藤かずみさんのシュガーポット

林檎のシュガーポット  林檎のシュガーポット2

加藤かずみさんの「林檎のシュガーポット」。
木工作家icuraさんが制作した木の匙が林檎の芯の部分となる。
これが単なる「アイディア商品」というものに終わらず、
機能とフォルムの伴った「作品」に出来るところが作家のセンスか。

かずみさんとは9月に名古屋のうつわhaseさんで二人展、
10月には工房からの風と、今年はいっしょに出展させていただく機会が多い。
特に二人展ではお互いの「違い」が際立つ内容になると想像していたのだが、
実際に並べてみると意外としっくり馴染むことに気付かされた
(そのことはhaseさんも仰っていた)。
これまでも会う度に楽しく飲んでいたし、いよいよ仕事面でも関われて嬉しい。

陶器(私)と磁器(かずみさん)という扱っている材質の違いはあるけれど、
私達に共通した持ち味はまず釉薬による色遣いではないだろうか。
先日かずみさんに「この色はどうやって出しているの」と尋ねたら、
「ひみつ」 だということで結局教えてくれなかった。
このように作り手同士としての適度な緊張感も保たれているのである。

林檎のシュガーポット3 コンビニスイーツにアメリカンチェリージャムをかけました

暑い暑いなんて言っているうちに9月10月なんてすぐにやってくる。
私も(内心焦りながら)少しずつ準備を進めている。

生活 | comment(4) |


<<皿工場 | TOP | ゴーヤ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


リア系 

小澤様
りんごの形がかわいいですね。色を赤にしたらリアルすぎる? 
アメチェジャムいいですね。コンビニスイーツ(ワッフル?)が
グレードアップしました。

2012/07/18 17:33 | Rooly [ 編集 ]


 

Roolyさん:

シュガーポット、卓上に置いていつも使っています。
加藤さんの作品は可愛らしくて不思議な存在感があります。

2012/07/19 06:15 | 小澤基晴 [ 編集 ]


 

ありがとうございます。シュガーポットは砂糖だけではなく、小澤さん得意のジャムを入れたりしてもよいですよ。
9月の二人展、10月の工房からの風、ご一緒するのを楽しみにしています。

2012/07/20 11:42 | かとちゃん [ 編集 ]


 

かとちゃん:

なるほど、今度からジャム入れにも使ってみます。
9月か10月に何かジャム作って持って行くよ(覚えていたら)。
まずは二人展よろしくね。

2012/07/20 12:49 | 小澤基晴 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09