2017・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/07/30 (Mon) FUJI ROCK FESTIVAL 2012

27日の早朝。
昨年からずっと楽しみにしていたFUJI ROCK FESTIVALの初日である。
横浜の実家に子供を預け、菅原博之さんと合流、苗場へと車を飛ばす。
神立スキー場に駐車して、そこからは会場までシャトルバスで約30分。
バスの中は無法者たちが合唱したり、早くも酔っ払っていたり...なんてことはなく、
これから始まる過酷な一日に備えるかのように皆一様に押し黙っていた。

FUJI ROCK 2012 実に嬉しそうな二人

毎年必ず雨が降ると聞いていたけれど、会場は抜けるような青空。
にこにこと嬉しそうな来場者の列に我々も加わると、いよいよ気持ちも盛り上がってきた。
私と同世代のカップルや、ベビーカーを押したお母さんの姿もちらほら。
ぐんぐん気温も上がってビールが旨いこと。

会場メインのGREEN STAGEではまず一発目にBACK HORNが登場。
妻は聴衆の輪の中へ呑まれて行き、私は遠巻きにそれを眺めていた。
菅原さんはどこか別のステージへ。
二本目のビールを飲んでいると、欧米人の女性にカメラを向けられた。
「あなた面白いから」と言うのでポーズを取ろうとしたら、「自然に」。
後で分かったことだが、(恐らく同じ女性に)菅原さんも撮られたとのこと。
何だったのだろう。

その後も楽しみなステージが目白押しで、広い会場内をとにかく歩く。
途中、知らないミュージシャンの奏でる音に思わず立ち止まる。
何か食べる、飲む、隣りあわせた人と一緒に歌う、踊る。
FUJI ROCKの長い一日はまだ始まったばかりなのだ。
(つづく)

生活 | comment(0) |


<<FUJI ROCK FESTIVAL 2012 その2 | TOP | 苗場>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。