2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2012/10/22 (Mon) 清岡幸道さんの個展へ

清岡幸道さんの個展が開催中です。

清岡幸道さん2012

10月20日(土)~11月3日 12:00-18:00 22日(月)28日(日)休み
うつわhase
名古屋市中村区名駅5-10-7花車ビル1F
t/052-414-5465

初日に伺うと少しはにかんだ様子で迎えて下さった清岡さん。
二人展以来のhaseさんにもご挨拶。
寛いだ雰囲気の中、ゆっくり作品を鑑賞させていただいた。

清岡幸道さん2012 2 清岡幸道さん2012 3 清岡幸道さん2012 4

清岡幸道さん2012 5 清岡幸道さん2012 6 清岡幸道さん2012 7

全体的にマグカップや鉢など手取りの良いものが並ぶ。
マグカップはロクロで薄くキリッと挽かれて、緩やかなアールのハンドルが。
窯変や灰釉の面白さと相まってモダンな印象。
直火にかけられる耐熱の器は様々なサイズで展開されていたけれど、
人気のフライパンやグラタン鍋はご覧の可愛らしさ。
「この棚の全部ください」と言いたくなる。多分そういう方も実際いるんだろう。

「工房からの風」でともに出展した木工家の名古路英介さんも後から来られた。
ちょうど一週間ぶりの「名古屋の名古路さん」である。
「もう仕事再開してる?」と訊くと同時に「自分はどうなんだ」と頭をよぎる。
まあいいか、飲もう飲もう。

清岡幸道さん2012 8

手羽先の風来坊にてやはり名古屋で個展中の染織作家・濱野太郎さんと合流。
私は初対面だったけれど、そんなことは微塵も感じさせないフランクな人。
作家になられるまでの経歴とその後の話に引き込まれる。
実は清岡さんとは去年の「工房からの風」でご一緒だったとのことで、
並んだお二人の掛け合いが絶妙で私はずっと手を叩いて笑っていた。
「同期」っていいなと後でしみじみ思う。

最後は「またどっかで会いましょう」と手を振って解散。
パワー漲る人たちのおかげで私もエンジンがかかってきた。
いや本当に、そろそろもうちゃんとしないと。

生活 | comment(0) |


<<カルボナーラ | TOP | コーヒーを楽しむうつわ展>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09