2017・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/11/16 (Fri) クラトコを振り返る

クラトコを振り返る

先週末のクラトコの様子を超個人的視点からレポート。
会場付近あちこちに設置された手作りの看板はもうお馴染みの「顔」だろうか。

クラトコを振り返る2

初日は秋晴れで本当に気持ちが良かった。
木漏れ日が揺れて、それぞれの作品を優しく照らす。
もぐらが地面を掘り起こしているのでデコボコなのだが、それも雰囲気。
お客さまも行ったり来たりしながらのんびりお買い物を楽しんでいらした。

クラトコを振り返る3 沖澤康平さんのブース

一転して二日目は朝から鉛のような雨雲が空を支配。
午後からは雨、そしてかなり強い風が吹きすさんできた。
出展者も様子を見ながら展示を畳んでいき、結局予定より早い撤収となった。
「まあ大丈夫じゃない?」と高をくくっていた私達だっただけに残念無念。

強烈な印象を残した今年のクラトコだったが、私のような「ゲスト」にとって、
常滑の作家の輪の中にいられた二日間は本当に居心地がよかったと改めて思う。
名古屋haseさんで個展初日の須藤拓也さんも駆けつけてくれ、新たな交流も。
※須藤さんの個展は11月24日まで。

クラトコを振り返る4

その「新たな交流」のこと。
初日の夜は常滑駅前の「イングリッシュパブ」で懇親会。
有田の川口武亮さん他、今年は遠方からの出展者が多かったため初の試みだ。
ピッチャーの生ビール、ボトルのワインが次々と空いていく。
最初常滑の作家達の「力関係」を観察していた私と川口さんだったが、
ボス(というか声がでかい)は私のすぐ隣にいた。原田晴子さんである。
いや、本当、原田さんのおかげで今回もたくさんの人と話せたし。

大勢の酔っ払い共をまとめ、きちっと幹事を務められた金成潤子さん、
借りてきた猫のよう(と原田さんに言われていた)だった鈴木史子さん、
こうした面々の中にあって私も本当に楽しく、本当によく飲んだ。

クラトコを振り返る5

二次会は石の判子作家カキノジン邸へ。
神田昌一さん、川口さん、菅沼淳一さん、須藤さんという男衆。
「明日もあるしチャンポンは...」と言っていた私は焼酎ロックで酩酊状態。
皆、タラバガニを貪っているうちにどんどん饒舌になっていく
(いい年して武勇伝を披露し合ったり)。
ここで明かせない内容など何もないが、その代わり全く面白くもないと思う。
後に「ウラトコ」として記憶される愚か者達の夜はこうして更けていった。

翌朝(つまりクラトコ二日目)、颯爽と会場に現れた須藤さん。
haseさんの在廊時間前に挨拶に寄ってくれたのだ。
「ああ、昨日はどうも...」と冴えない私と川口さん。
年上の須藤さんからは、作家として男として学ぶべきことが実に多い。

クラトコも4回目。
メンバーもそれぞれ着実にキャリアを重ね、またこのように新しい交流も生まれ、
クラトコは少しずつ「変わって」いく。
だが、クラトコらしさを失わないようみんな一生懸命だ。
作り手として苦労もたくさんあるけれど、もちろん同時に大きな喜びも。
クラトコはそれらを分かち合うのに相応しい場所なのだと思う。
楽しみに来て下さる方にも、どこかでそれを感じ取っていただけたら。

生活 | comment(4) |


<<つむぎさん来訪 | TOP | 休養>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

ひどいわね。おザーさん妙齢の女性にむかって。
ワタクシはボスではなく太鼓持ちってとこですよ。

2012/11/16 19:47 | ボスと呼ばれたオンナ。 [ 編集 ]


 

原田晴子さん:

クラトコ「打ち上げ」実現してください。
今はあんまり飲めないから魅力感じませんか??
そのときに真のボスを明らかに...!

2012/11/16 20:32 | 小澤基晴 [ 編集 ]


 

いりこを購入した小澤さんファンです。
今から何を入れようか楽しみです。
日曜日は強風と雨で残念でした。お疲れ様です。

沖澤さんのグラスに雨が入りそれがとっても綺麗だったので思わず購入しました。
今度は美濃焼き祭りでお会いできるといいなあ。
Blogも楽しみに拝見してます。
これからも頑張ってください。

2012/11/16 21:15 | sakamotopaku [ 編集 ]


 

sakamotopakuさん:

ありがとうございます。今年の美濃焼まつりに続けていらして下さったんですね。
もっとお話したかったですが、この日は暴風雨で本当に大変でした。
またの機会にもぜひ遊びにいらしてください。
ブログもちょこちょこ更新しています。

沖澤さんのガラスは僕も大ファンで、いくつか愛用しています。
透明感があって素敵ですよね。
来月は大阪・堺のsizukuさんの企画展で一緒に作品を並べられるので楽しみです。

2012/11/17 09:12 | 小澤基晴 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。