2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2012/11/17 (Sat) つむぎさん来訪

クラトコ二日目の午前中、仙台のつむぎさんが会場に来られた。
つむぎさんとは昨年3月にお取引が決まり、最初の納品直後にあの震災が。
その後はお電話等でのやりとりだったが、今回初めて実際にお会いできた。
また、私と鈴木史子さんはイベント「わののわ」でも大変お世話になった。
鈴木さんは「わののわぐま」が欲しい、と以前ブログでも書かれていたけれど、
この日つむぎさんにお土産で貰って大喜びされていた。

つむぎさん来訪 私が黒を鈴木さんが白い子を頂き、早速見せ合いっこした(なぜかソッポ)

ちょうど「昨日のウラトコ楽しかったですね」なんて話していたところだったので、
つむぎさんには須藤拓也さんのこともタイミングよくご紹介することができた。
「これから在廊しますし、よかったら」と個展のDMをサッと差し出す須藤さん。
この後、つむぎさんは本当にhaseさんへも足を運ばれたとのこと。
まさしくご縁が数珠つなぎになった瞬間に立ち会っていたわけである。



クラトコ翌日は、つむぎさんを額賀円也君と山田隆太郎の工房へご案内。
つむぎさんは「お時間をいただいてしまって...」と恐縮されていたけれど、
額賀君のことは大好きだし、隆太郎の工房には私も行ったことがなかったから。
いつも土や泥幼児を載せた車で多治見駅まで迎えに行き、まずは私の工房へ
(この日の様子はつむぎさんのブログでも詳しく)。
普段の仕事の流れをご説明したり、ロクロをちょっと挽いてみたり。

つむぎさん来訪2 戯れに作った鉢は、後日三島風に仕上げた 



車でおよそ15分、額賀君の工房へ。

つむぎさん来訪3 勢いのある刷毛目

つむぎさん来訪4 つむぎさん来訪5 つむぎさん来訪6

注文品だという尺皿がたくさん。粉引、三島、刷毛目、鉄釉。
私は個人的に刷毛目が好きで、「いいなあ」と何度も手に取ってしまう。
真面目な額賀君は、いったん焼き物の話になるとまるで堰を切ったよう。
また陶芸家同士ならではの話で盛り上がり、つむぎさんを置いてけぼりに。
額賀君には「もっとグッグッと押し込んでビュッとロクロを挽いてみたら」と
直感的かつ的確なアドバイスをするなど、気持ちよく先輩風を吹かせてきた。
つむぎさんも額賀君の作品を大変気に入られたようで本当によかった。



隆太郎の工房へ。

つむぎさん来訪7 「共有スペース」には仲間達のDMなどがたくさん

つむぎさん来訪8 つむぎさん来訪9 つむぎさん来訪10

つむぎさん来訪11 つむぎさん来訪12 つむぎさん来訪13

昔の製陶所だろうか倉庫だろうか。そこを何人かでスペースをシェアしている。
作品の他、原料や道具がきちんと整理されていて、何となく「実験室」のようだ。
真夜中にここで仕事に耽る隆太郎の姿が目に浮かぶ。
バリエーションに幅のある粉引や釉もの、最近の仕事だというルリ釉など。
棚にはポットが並んでいて、さすがに巧い。
つむぎさんが隆太郎のことを知ったのは私のこのブログがきっかけだというので
「恩に着るんだよ」と言ったところ、「はい...恩に着ます...」と絞り出すような声。
いったい何だろうか、この隙間風。

つむぎさんも今回の「東海の旅」を大変楽しまれたご様子。
「また来ます」と言われて嬉しいのは、私がこの地域の人間になったからだろう。
つむぎさんのおかげで、仙台の方に私の器を広く知っていただいた。
私自身もきっといつか仙台を訪ね、これまで以上に深く関わり合うことができたら。
何よりこの数日の間、たくさんの出会いの場面と共にいられたことが嬉しかった。

生活 | comment(2) |


<<七五三 | TOP | クラトコを振り返る>>

comment











管理人のみ閲覧OK


昨日 

ご紹介頂いた わののわ に行けなかったので
つむぎさんのお店に行ってみましたよ。

住宅街の中の隠れ家、静かで落ち着ける不思議な空間でした。

わののわ のあとで品数が少なかったみたい…。

小澤さんはそばちょことして作ったのかしら、
横に縞に筋をいれた粉引き(?!)。
でも緑茶を入れて和菓子と合わせてみたくて
頂いてきました。

きっとモダンで素敵(^_^)

2012/11/18 09:55 | いけ [ 編集 ]


 

いけさん:

ありがとうございます。
つむぎさん仙台で評判ですね。僕も早くお伺いしたいです。

そば猪口はお茶やコーヒー、お湯割りにも。万能選手だと思います。
できればお使い始めにお米の研ぎ汁で少し煮てあげてください。
ご面倒でしたらご就寝前に浸けておいて翌朝よく洗ってお使いいただいても。
染みにくくなりますのでぜひお試しください。

寒くなってきて、縮こまるように仕事しています。
またお会いしたいですね。

2012/11/18 11:38 | 小澤基晴 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09