2017・04
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2012/11/24 (Sat) 加藤かずみさんの個展

加藤かずみさんの個展が開催中です。

加藤かずみさん2012

11月23日(金)~12月2日(日) 12:00-19:00 火曜休み
poooL
東京都武蔵野市吉祥寺本町3-12-9潤マンション105
12月1日(土)2日(日)は加藤さんの土鍋でいただく食事イベントがあります

加藤さんについてはそもそも最初に出会ったときのこととか、
色々な野外展でのこと、お互いの展示会に足を運んだときのことなど、
これまでにもうずいぶんと書いてきた(書き尽くした)。
だから今回は思うところをただ「率直」に記したい。

加藤さんは磁器・耐熱器、これらをロクロや型を駆使して制作されている。
誰もあまり言わないけれど、この幅広さは同年代の作家随一だと思う。
林檎のシュガーポットレンゲ一輪挿し、バターケース。
遊び心を加えた定番品と一点もの、それら両方に神経を注ぐことができ、
しかもどれも一目で加藤さんのだと分かる個性。
多様な釉薬使いもその一端を担っているだろう。
強調したいのは、分厚い仕事量と細やかさを同時に叶えているということだ。

haseさんでの二人展に、「工房からの風」。
今年はお互いに一層結びつきも強まり、本当に楽しい一年だった。
どこか片隅に意識していることで頑張れたし、だから飲む度に話が尽きない。
仕事のことはともかく、人間関係については間違いなく意見が一致するし。

そう、DMにたいてい「また飲もう」と添えてくれるのが嬉しい。
大好きな仲間に囲まれたり、過去ひどい目に遭わされた奴を散々罵ってやったり、
いずれにせよどの場面においても率直でいられることが私達らしさか。

加藤さんにとって、今年の集大成となる今回の個展。
私は行けないけれど、「どうだった?」とまた飲みながら話を訊けるのが楽しみだ。
それも近々実現するはずだから。

仲間・つながり | comment(2) |


<<須藤拓也さんの個展へ | TOP | 逆算>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

いつもありがとうございます!
初日に名古路さんが来てくれました。近くのミストではか猫さんも個展中で、尽きない話…風の余韻を感じました。
私がいろいろやるのは工房が狭いからですよー。(作業効率を考えて)

2012/11/25 11:25 | かとちゃん [ 編集 ]


 

かとちゃん:

名古路さんやか猫さんも展示会中だってFBで知りました。
本当につながるときはつながるよね。
来月飲む相談も近々しよう。

うちは小さな製陶所みたいなところだからゴチャゴチャだよ。
やっぱり環境が作風を決めるのかなあ。

2012/11/25 20:32 | 小澤基晴 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09