2017・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/02/09 (Sat) 多治見工業専攻科修了制作展

今日は私の母校、多治見工業専攻科修了制作展を見てきた。
普段仲良くしている佐藤朱理さんの作品も展示されているから。

団欒展2012 7

朱理さんは昨年の団欒展にも協力してくれたこの可愛らしい女性。
専攻科を卒業後は地元の創舎呱々(ソウヤココ)の管理を任されるとのことだ
(もちろん作家活動も同時に始められるはず)。

多治見工業専攻科修了制作展 多治見工業専攻科修了制作展2

オブジェを手がける朱理さんだが、作品のみでその世界観は完結せず、
展示する場所(例えば飲食店など)まで具体的にイメージされているという。
これは、食卓の中で調和してこそ魅力を発揮するという器の考え方に通じる。
今後私とは違った分野でますます洗練されていくのであろう。

多治見工業専攻科修了制作展3 多治見工業専攻科修了制作展4

「影が美しいね」と感想を漏らすと、「影を意識したんです」と。
得たりという顔で頷く私であった。

私が卒業した10年前はいわゆる陶芸ブームで、同期は30人もいた。
美大を出てから焼き物を専門的に学びにきた者、代々続く窯元の跡取り、
脱サラして作家を志す者、私のような自分探し(この類いが特に多かったか)。
動機や立場も様々で、思い返せば大変活気があった。
だが私の頃をピークに徐々に志望者は減り、ついに今年はたったの8人。
それはともかく、少数精鋭の言葉通りに展示自体は実に見応えがあった。
多治見市文化会館で明後日11日(月)まで。

生活 | comment(0) |


<<大阪にて | TOP | テーブルウェア・フェスティバル2013>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。