2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2013/03/29 (Fri) 新しい釉薬

ずっとグリーンの器を作りたくて釉薬の試験を繰り返していた。
今に思えば、最初から何となく正しい道筋が見えていたような気がする。
それなりに苦労もしたけれど、小さな成果が出る度に嬉しかった。
そしてついに、この時季に相応しい色の釉薬が出来たと思う。

グリーンの器 グリーンの器2 

緑、碧、翠...どんな色に例えるべきか。
ブロンズ釉や黄色など、他の器と組み合わせた食卓を想像するのも楽しい。
これまで私の器は「ほっこり」「温かい」などと言われることが多かったが、
これからはさらに「爽やか」「クール」といった評価も加えていただけたら。
新しい彩りが増えたことで久しぶりに浮き立っている。

グリーンの器3

翡翠釉、という名前はどうだろう。

仕事 | comment(2) |


<<ホットサンド | TOP | 蓋物>>

comment











管理人のみ閲覧OK


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/04/10 08:42 | [ 編集 ]


 

鍵コメさん:

コメント下さりありがとうございます。
翡翠釉の他、黄色、粉引、ブロンズ、飴釉など、
ニュアンスのある色合いが僕の器の特徴です。
ブログでもFBでも、どうぞよろしくお願いします。

2013/04/11 16:21 | 小澤基晴 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09