2017・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/08/25 (Tue) かぼちゃの裏技

削りを少し、ロクロ、粉引の化粧掛け。
カラッとよく晴れたので、化粧を掛けた素地を天日で干す。

この前カネ利さんにいただいた南瓜を煮付けた。

かぼちゃ煮物    かぼちゃ調理  真ん中に湯呑み

以前テレビ番組で紹介していた南瓜の煮物のコツというのを覚えていて、
そのときは眼から鱗だったのだが、なるべくその通りになるように作ってみた。

1. 南瓜は皮を下にして並べ、真ん中に湯呑みを伏せて置く。
2. 煮汁を張って、キッチンペーパーなどで覆い、中弱火で10~15分煮る。
3. 火を止めて自然と冷めるのを待つ。

火を止めた途端、湯呑みが余分な煮汁をぐんぐん吸い上げてくれる(楽しい)。
南瓜だけを取り出して盛り付け。これでホクホクに仕上がる。

かぼちゃの種  栄養価も高いそうです

粉引の天日干しのついでに南瓜の種もよく洗い、ざるにさらして干した。
乾いた種をフライパンで空煎りに。
丸く太った種は、皮を上手に剥けば中の胚をおいしく食べられる。
面倒だが、おやつにもなるし、子どもと一緒に作業してもいいかもしれない。

食べもの | comment(0) |


<<一ヶ月が経って | TOP | 多摩くらふとフェア>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。