2017・04
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2013/04/15 (Mon) 清岡幸道さんの個展

清岡幸道さんの個展のご案内。

清岡幸道さん2013

4月17日(水)~22日(月) 12:00-19:00 最終日18:00まで
poooL
東京都武蔵野市吉祥寺本町3-12-9 潤マンション105
http://poool.jp
17日18日清岡さん在廊されます

清岡さんの作品との最初の出合いは、まだ私が駆け出しの頃。
地元でお世話になっているギャラリー春窯さんでのことだった。
薄作りの焼き締めのカップが印象的で、思わず「どなたのですか」と訊くと、
「信楽の清岡君っていってね、最近応援してるんだよ」と春窯さん。
美濃以外の作家も扱われるんですね、そんなようなことを言った気がする。
その後、東京での個展など各地で作品を見る機会が続いた。

3年前、初出展したフィールドオブクラフト倉敷でついにご本人とお会いできた。
名だたる作家達の中で緊張しながらコソコソ開店準備をしていると、
背中から出し抜けに「小澤君だよね」と声を掛けられた。
私の飴釉のマグを気に入ってくれて、自分用にと買って下さった。
後から聞くところによると「小澤君のことを人気作家だと思っていた」とのこと。
「僕も清岡さんのことをそう思ってました」そう答えると可笑しくて二人で笑った。
あのとき、清岡さんもきっと緊張されていたのだ。

清岡さんと私にとって、共通した体験というのはまだそれほど多くない。
だが自分の「節目」を思うとき、ふと同時に清岡さんのことも浮かんでしまう。
今回、私のsizukuさんでの個展と偶然会期が重なっているけれど、
清岡さんはいったいどんな気持ちで作品に臨まれたのだろう。
これから度々お会いできる(飲める)ので、「これまで」のことを改めて伺えたら。
私に対して、まだ晴れていない誤解も随分あるようだし。



清岡幸道さん2013 2 昨年、名古屋のhaseさんでの個展でいただいてきた灰釉の鉢

仲間・つながり | comment(0) |


<<生春巻き | TOP | シュガーポット>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09