2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2013/05/01 (Wed) ハンバーグプレート

sizukuさんでの個展、月曜日で終了しました。
会期中にお運びいただいた皆様、本当にありがとうございました。
私の普段の器がsizukuさんのコーディネートで少しだけ特別な雰囲気に。
翡翠釉、粉引、黄色、ブロンズ釉、楽しく選んでいただけたでしょうか。

また、出品作につきましては5月4日までwebshopでもご覧になれます。
あと少しの間ですが、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。



ハンバーグが「ご馳走」じゃなくなったのはいつの頃からだろうか。

玉葱を炒めず、そのまま挽肉に混ぜ込む作り方は母親が教えてくれた。
卵やナツメグなどの調味料も順に加えてよく捏ねる。
厳かな手つきで形を整え、一つ一つ熱いフライパンの上に並べていく。
強火で片面を焼いたら引っくり返して蓋をし、火加減を調整。
パチパチと油が撥ねる音がやがて収まるまで彼女は料理に集中していた。

ハンバーグプレート

付け合わせには固く茹でたブロッコリーに人参のグラッセ、などではなく、
ケチャップにまみれたスパゲッティーと山盛りのフライドポテト。
全てが皿に配置されると、見計らったように彼が部屋にやって来た。

「今日は何かあったの?ご馳走だけど」
嬉しそうな彼に彼女も思わず笑った。
いよいよGWが始まり、この日は久しぶりに会えた二人だった。
(つづく)

二人 | comment(4) |


<<フィールドオブクラフト倉敷2013 | TOP | atelier七緒展>>

comment











管理人のみ閲覧OK


こんな続きはどうかな? 

彼は、彼女の作ったハンバーグを食べた後、こう言った。ママの作ったハンバーグの方が旨いと。彼女は彼にきいたり、試行錯誤したりしていろんなハンバーグを試す。でも、やはり彼はママのハンバーグの方が旨いと言う。

後で分かったのだが、ママが彼に作っていたハンバーグとは、「イ○イ」のハンバーグだった。

2013/05/02 21:01 | べやん [ 編集 ]


 

べやん:

大変面白く読みました。
どうやって「後で分かった」ことにするかがポイントですね。
続きは任せようかな。

2013/05/03 05:50 | 小澤基晴 [ 編集 ]


 

いやいや、楽しみにしてますよ。次はどんな料理を作ってくれるのかな。
また続きを期待してます。

2013/05/04 07:39 | べっち [ 編集 ]


 

べやん:

マイペースに更新していきます。
設定ももっと詰めないといけませんね。

2013/05/04 09:00 | 小澤基晴 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09