2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2013/05/08 (Wed) ゴールデンウィークの出来事

GW2013.jpg

3日(金)のこと。
窯出しすると、翡翠釉が真っ黒で呆然とする。
色々と対策を講じ、気持ちを切り替えて再び窯詰め。

GW2013 2

だが転んで窯の中に頭から突っ込み、製品破損。
泣きながらやり直す。



5日(日)、土岐美濃焼まつりへ。
10年近く出店してきた地元のイベントだったが、今年は「お客さん」として。
会場ではマサチロ雑貨店の二人とも待ち合わせた。
このとき千尋さんから受け取った匙は、シュガーポット用に更に改良されたもの。

GW2013 3

まずは加藤祥孝さんのテントへ。
加藤さんは美濃生え抜きながら全国各地で顔が広い方だ。
石川裕信さんや額賀円也さんもこれまで随分お世話になってきたのだそう。
今月末はクラフトフェアまつもとでもご一緒できるのでこちらも楽しみ。

GW2013 4

河内啓さん。
美濃焼まつり最終日だったこともあって「売れるもの無くなっちゃった」とのこと。
お子さん達とテントを離れ、会場の雰囲気を満喫しておられる様子だった。

GW2013 5 GW2013 6

柴田サヤカさん。
毎年ここををお目当てにされているという方で大変な賑わい。
そんな中でもうちの子供らを気にかけてくれる余裕もあって流石だった。

GW2013 7 GW2013 8

田中大喜さんとは本当に久しぶりだ。
しばらくお休みしていた作家業も本格的に再開されたのである。
懐かしくて、取り留めなく話す。
「小澤さん、何か相変わらずですね」
私もこう見えて色々ある筈なのだけれど。

GW2013 9 GW2013 10

額賀円也さん。
3年前もやはりここで見た荒々しい刷毛目は、その後徐々に洗練されていく。
だが今はまた初期衝動のような勢いが再び戻っているように感じた。
「三島もかっこいいね」
「うまく焼けました」
これだけの会話で伝わってくるものがある。


7日(火)の夜、創舎呱々へ。
美濃焼まつりの打ち上げの輪に加えていただく。

GW2013 11

束の間のホッとしたひととき。皆すぐに次のイベントが控えているから。
創舎呱々を発信地とした企画も今後続々と生まれていく予定だ。


GW2013 12

翡翠釉は本来の色を取り戻していた。
よい予感を胸に、今週末はいよいよ倉敷へ。

生活 | comment(0) |


<<翡翠釉ミルクピッチャー | TOP | フィールドオブクラフト倉敷2013>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09