2017・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/07/02 (Tue) 黒飴釉

翡翠釉がブレイク中の私だが、去年の今頃は黒飴釉を強く推していた。
その後釉薬が溶けすぎたりピンホールが出たりと大変苦労したけれど、
原料を変え、焼き方を変え、いいと言われたあらゆることは全て試し、
その甲斐もあって再び美しい色を表現できるようになってきた。

黒飴釉マグカップ

灰と鉄、それらが生み出す豊かな色の変化が見どころである。
これまで黒飴釉ではマグやプレートの数種類しか作ってこなかったので、
これからはたっぷりとしたサイズの大鉢などにも取り組みたい。

「どうせまた失敗するかも」と思っていた以前より、モチベーションが断然違う。
もっとロクロ上手くならねば。

仕事 | comment(0) |


<<菅原博之さんの個展 | TOP | 照井壮さんの個展>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。