2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2013/08/15 (Thu) 夏休み サマソニ編

夏休み2013

先週末は千葉県の幕張までSUMMER SONICを観に出掛けてきた。
昨年は私の希望でFUJI ROCKへ行ったので、今年は妻の希望を叶えた形。
妻の目当てとは、マキシマムザホルモンであり、Cyndi Lauperであり、
Linkin Parkであり、Earth,Wind &Fireであり、ももいろクローバーZである。
なるほどよく分からない。

ともあれ当初の予定としては、10日(土)は子供らも一緒に連れて行き、
11日(日)は横浜にある私の実家に預けてそれぞれの二日間を楽しむというもの。
「今度の土曜日は大きな公園みたいなところで音楽が聴けるよ」と言うと、
「好きな踊りをしてもいいの?」と嬉しそうな息子だった。

夏休み2013 2

しかし、待ちに待ったその日は記録的な猛暑。
チケットとリストバンドを引き換える行列ですでにかなり消耗させられた。
ハイボルテージに達したホルモンのアクトに子連れの我々は付いて行けず、
ナヲが「死なないでね」と叫んだところで「本当に死ぬかもしれん」と判断。
早々に無念のリタイヤとなった。
サマソニ会場を後にし、駅前のファミレスで生ビールをあおる私。



二日目は予定通り妻と二人で参戦。
荷物が身軽になり、フットワークも軽やか。
広い会場の経路も把握できていたので、移動するのも前日よりずっと楽に感じる。
ただ、メッセとQVC間は少し距離がある為シャトルバスが便利だと思う。

夏休み2013 3

まずはももクロから始まったサマソニ二日目。
妻の目当て、と書いたが実は私も彼女たちのファンだということを告白しておく。
といっても初めて聴く曲も多く、他のモノノフ達と共にライブを大いに楽しんだ。

だが、どうして「怪盗少女」を演らなかったのか。
「コノウタ」も。「ピンキージョーンズ」も。「ニッポン万歳」も。

夏休み2013 4  夏休み2013 5  

「ソニ飯」といわれる屋台も楽しみの一つ。
私が選んだムンバイスペシャルは、バターチキンとキーマの2種のカレーに、
ナンとライス、タンドリーチキン、サモサまで付いてボリューム満点。
この皿を持って席を探していると、「カレーヤバイ」とあちこちから聴こえてきた。

夏休み2013 6  ハイボールにかき氷を足しながらチビチビ飲む

John Legendが終わり、Smashing Pumpkinsを待つ。
マリンステージのスタンド席は風も通って意外と快適だった。
だがステージのミュージシャンからは我々が「高みの見物」に見えるだろうな。

スマパンのメロウな楽曲をBilly Corganの甲高いボーカルが切り裂く。
何て格好いいんだ!
Cyndi Lauperを観る為、後ろ髪を引かれる思いでマウンテンステージへ向かう。



「1,1,2,2」と、入りにくいカウントで始まったCyndiのアクト。
掛け合いのようなMCも楽しく、客席と一体となったライブ。
Cyndiは太っていて、チャーミングで、指の先までセクシーだった。
「30年前と同じように歌えるかしら」
大好きなShe Bopを合唱していると思わず目から汁が。
最後は日本語の歌をアカペラで披露してくれた (ここでまた目から汁)。
日本のことを好きでいてくれてありがとう、Cyndi!

中学生くらいの男の子と若いお母さんという組み合わせを見かけ、
妻が「いいなあ」と言っていた。私もそう思う。



ついにEarth,Wind &Fire登場。
オープニングのBoogie WonderlandからラストのMighty Mightyまで、
もうまさしく息もつかせぬディスコチューンのオンパレード。
MCはなく、曲と曲が延々と繋がっていく(Cyndiとは対照的)。
それでもメンバーの親密な態度を随所に感じ、こちらもついニコニコしてしまう。
圧巻のパフォーマンスとともに、歌って、踊って、あっという間の90分間だった。



あえてFUJI ROCKと比べると、交通の便においてはサマソニの方がずっといい。
出演ミュージシャンも幅広く、守備範囲の広い私には向いているかもしれない。
ただアスファルトの照り返しを浴びていると、やはり緑豊かなFUJIが恋しくなる。
子連れの客もFUJIの方が多く見かけたような気がするし。
そういう訳で、来年からの夏がすでに実に悩ましいのである。

FUJI ROCK FESTIVAL 2012

生活 | comment(2) |


<<夏休み 海水浴~岩村町「ザ・縁日」編 | TOP | オトナノナツヤスミ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


夏休み 

迷ったら両方行きましょう。

自分は八月十日が夏祭りで、昼は神輿を担いで、夜は六台の屋台が一堂に会して、お囃子が鳴り響き、花火が上がりました。

来年もし、時間があったらおいで下さい。

2013/08/16 12:21 | べやん [ 編集 ]


 

べやん:

両方行きたいんだけど、予算の都合もあって難しいな。
べやんのところから幕張は近くてうらやましいです。

お祭りも盛大に楽しまれたようで何よりでした。

2013/08/19 07:10 | 小澤基晴 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09