2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2013/03/02 (Sat) Bar Bar Bazar

Bar Bar Bazarさんにご紹介していただいています。
粉引や黄色のリム皿、輪花皿、しのぎ皿など。
ブログでは旅日記や買い付けの様子、ホームパーティーのことなど、
毎日の楽しい様子が伝わってきます。
また、国内外から集まった雑貨はどれも本当に可愛らしいです。
一緒に行った気になって、お茶した気になって、ぜひご覧ください。

Bar Bar Bazar Bar Bar Bazar2 Bar Bar Bazar3



手作りの器はお求めやすいものとはいえないかもしれません。
ですが、例えばドーナツを選ぶように手にとってもらえたら大変嬉しいのです。

Bar Bar Bazar4 大変おいしいです

お店 | comment(2) |


2013/02/04 (Mon) コパンダギャラリー

昨年より駒沢のコパンダギャラリーさんにご紹介していただいています。
ご自身も作陶経験がおありのコパンダさんが全国から集めた器のお店。
鉄赤・黄色などのスープカップやプレートに、粉引の飯碗、重ね小鉢、
またご依頼を受けてオリジナルのシチューボウルなども作りました。

コパンダギャラリー コパンダギャラリー2

昨晩は豆のスープとオイルサーディン(いわし)パスタの節分メニュー。
オリジナルのシチューボウルは画像のブロンズ釉の他、鉄赤バージョンも。
しのぎ皿は菅原博之さんのフォークを載せた豆皿から8寸皿まで各サイズ。
それぞれコパンダさんでどうぞご覧ください。

お店 | comment(2) |


2013/01/08 (Tue) kochi

kochi.jpg 画像拝借しました

高山市のクラフト雑貨kochiさんにご紹介していただいています。
輪花皿、スープ皿、カップなど黄色やブロンズ釉を中心に暖かい色味のものを。
kochiさんとは沖澤康平さんや林友加さん他共通の知人も多く、
また昨年のクラトコにも出展されて、楽しくお話することができました。
この度ようやくお取扱いが叶って本当に嬉しいです。
今の時季は雪深い高山ですが、ぜひお出掛けください。

kochi2.jpg

「いったい何をのっけたらいいの」とよく訊かれる輪花豆皿。
これらはたくさん並べるととても可愛いので、ローストビーフやキャビアなど、
お正月に余りがちなものを少しずつ盛ってオードブル風にしてはどうでしょうか。
あるいは我が家のように羊羹や沢庵の切れ端などでも大変いいと思います。

お店 | comment(0) |


2012/12/08 (Sat) pibico

岡山市のpibicoさんに新しくご紹介していただいています。
黄色とブロンズ釉の輪花皿やリム皿など。
pibicoさんとは、初めてお会いしてから季節も一巡してしまいました。

pibico

今回納品した黄色の8寸皿は、盛り付けを色々と楽しめる「お得」な一枚。
ある作家が、「ワンプレートにちょうどいい皿を」という依頼をされて、
「小鉢が売れなくなる」との理由で断ったという話を後で感心しながら聞いた。
何しろこの皿はキレたり釉薬が縮れたり、これまで随分苦労させられたから。
「ワンプレートは流行っているし、儲かるだろう」と考えた私の見通しの甘さ。

ただ、仕上げ方や焼き方を改善したことで今では劇的にロスも減ったし、
やはり私は皿をただひたすら作るというこの仕事が好きなんだと思う。
窯出しでピカッと明るい黄色の皿が見えたときは本当に嬉しくなるし。

お店 | comment(0) |


2012/06/26 (Tue) zakka 土の記憶

zakka 土の記憶 6月30日(土)オープンです

お世話になっています阿佐ヶ谷のzakka土の記憶さんが移転されます。
これまでの表通りから徒歩一分圏内の商店街へ。
お店はどのような雰囲気になるのでしょう、またお訪ねするのが楽しみです。

土の記憶さんには本当にたくさんの作家もののうつわが揃っています。
そのどれもが落ち着いたトーンで統一されたものばかり。
近々、私もブロンズ釉・黒飴釉のものをお届けする予定です。

zakka 土の記憶2 zakka 土の記憶3 zakka 土の記憶4 zakka 土の記憶5
粉引とブロンズ釉のうつわ。画像いただきました

くり返しくり返し作ることで、私にも定番品といえるものが出来てきました。
新品のうつわが日々使われることによって育っていくように、
私自身もまた日々の仕事によって成長できているのでしょうか。
単なる焼き直しにならぬよう、今日も明日も新しい気持ちで仕事に臨めたら。

お店 | comment(0) |


<< back | TOP | next >>

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09