2017・04
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2013/10/04 (Fri) 毎日使える!昔ながらのおかず100 オレンジページ

毎日使える!昔ながらのおかず100 オレンジページ 毎日使える!昔ながらのおかず100 オレンジページ2

「毎日使える!昔ながらのおかず100」にブロンズ釉の7寸プレートを
「オレンジページ」最新号では鉄赤のボウルを選んでいただきました。
どちらもお料理が主役ですので私のクレジットはありませんが、
お近くの書店でどうかご覧ください。

ブロンズのプレートには鮭のムニエルと粉ふきいもの盛り付け、
鉄赤ボウルには鮭とごぼうの炊き込みご飯。
日頃から「おうちカフェ」の楽しみを提案している私ですが、
このようなしっかりした和食に使っていただいて大変嬉しいです。

ただ、お城山クラフトフェアでもご紹介できれば良かったものの、
あいにく今回はどちらの器も用意しておらず、しまったなあと思っています。

掲載誌 | comment(2) |


2013/09/23 (Mon) 住む。

住む。 97ページから

工房からの風の母体となるgalleryらふとが今年25周年を迎えました。
これまでにここからどれだけの作家が輩出されてきたのでしょうか。
この度、それを記念した企画「25の果実」(25人の作家と作品の紹介)に
私の鉄赤とブロンズのカップも選んでいただきました。

これまでに繰り返し作ってきた、私の考える「オーソドックス」な形。
目を引くようなものだと思ったことは一度もありませんでしたが、
今回このようなスポットライトを浴びることとなり、大変嬉しいです。

住む。2

11月2日(土)・3日(日)・4日(振休)には、誌面に近い構成で
「25の果実」の作品が実際にgalleryらふとに並びます。
まずは「住む。」の誌上展をじっくりとご覧ください。

galleryらふと
千葉県市川市鬼高1-1-1ニッケコルトンプラザ 鎮守の杜
t/047-370-2244

掲載誌 | comment(0) |


2013/07/13 (Sat) カジュアルなおもてなしのテーブルコーディネートBOOK

カジュアルなおもてなしのテーブルコーディネートBOOK   カジュアルなおもてなしのテーブルコーディネートBOOK 2

「カジュアルなおもてなしのテーブルコーディネートBOOK」(学研)に
淡黄釉のカップ&ソーサーと粉引のカップ&ソーサーをご紹介いただきました。
marveさんでお求めになれますのでHPもどうぞご覧ください。

輪花皿とカップの組み合わせはmarveさんのオリジナル商品です。
今後は翡翠釉など他の器も独特のラインナップで展開できるかもしれません。

掲載誌 | comment(2) |


2013/02/27 (Wed) 作家ものと暮らす

作家ものと暮らす 22ページです

「作家ものと暮らす」(静岡新聞社)に重ね鉢が掲載されています。
浜松のBrownさんがご紹介して下さいました。
静岡のギャラリーやクラフトフェア情報が詳しく載っている他、
加藤かずみさん、金成潤子さん、鈴木史子さん、原田晴子さん、
普段から親しくしている皆さんの器もたくさん。ぜひご覧ください。

作家ものと暮らす2  作家ものと暮らす3

木の蓋はマサチロ雑貨店・土岐将廣さんに制作をお願いしています。
クルミのオイルで仕上げていますので優しい風合いですが、
少しずつ経年変化も見られるかもしれません。

反りなどの原因になりますので、直射日光やコンロの近くなど
急激に乾燥する場所はなるべく避けて置いてください。
冷蔵庫に仕舞うのは大丈夫です。また、多少の反りなら自然に直ります。
汚れが気になるときは水で洗わず(毛羽立つことがあります)、
細かいサンドペーパーで軽く磨いた後にオリーブ油などを薄く塗ってください。
お手入れをしながら、どうか愛着のある器に育てていただけたら。

掲載誌 | comment(0) |


2012/11/30 (Fri) さとのかつうしん

さとのかつうしん

恵那川上屋さんの季刊紙「さとのかつうしん」に器を掲載していただきました。
ブロンズ釉しのぎ皿、黒飴釉、粉引、黄色、鉄赤、掛け分け、重ね小鉢。
恵那川上屋さんの多彩な旬のお菓子との組み合わせ。
店頭や、お住まいの地域の方によっては今朝の新聞折込でもぜひご覧ください。
※デジタル版の秋号ではマサチロ雑貨店さんの木の器が載っています

私は土岐店で販売のガトーショコラ、妻は栗きんとんに栗山(モンブラン)。
季節になると恵那川上屋さんにせっせと通っていた私共にとって、
今回のご紹介は願ってもなかったことで本当に嬉しかったです。
またケーキやパンなど、どちらかというと「洋」のイメージの私の器ですが、
「和菓子もいける」ということもこれで十分に伝わったのではないでしょうか。

さとのかつうしん2 粉引5寸皿に栗山

などと言いつつ今日は洋菓子を購入。
栗を使ったスイーツが大変豊富で、いざとなるとなかなか選べないのです。

掲載誌 | comment(8) |


<< back | TOP | next >>

プロフィール

小澤基晴

Author:小澤基晴
岐阜県土岐市でやきものを作っています。
仕事の試行錯誤の様子、展示会などのお知らせ、家族のことなど。

Flashカレンダー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

最新記事

個展2017

小器藝廊

個展2016 8

個展2016 6

個展2016 4

個展2016 2

個展2015 11

個展2015 9

個展2015 7

個展2015 6

個展2015

ラ・ロンダジル2014

個展2014

小澤基晴2013

R22011.jpg

粉引プレート スープカップ

ラ・ロンダジル2010

Rno2 09